立教英国学院

  • 入試・入学書類ダウンロード
  • お問い合わせ
  • 保護者/在校生のページ
HOME最新情報立教生が綴る英国寮生活 > 「学ぶ」:苦労して覚えたことが役立つ日が来るなんて、思いもしなかった。

立教生が綴る英国寮生活

「学ぶ」:苦労して覚えたことが役立つ日が来るなんて、思いもしなかった。




 ブレイク中の最大の楽しみ。それは、アウティング。しかも今回はロンドン。そして、ミュージカル「マンマミーア」とナショナルギャラリー。

 中学生の頃、美術の試験のために一生懸命に覚えた名画とその歴史、画家たちの一枚一枚に込めた思いや時代背景など。苦労して覚えたことが役立つ日が来るなんて、思いもしなかった。思い出しながらナショナルギャラリーをまわってみると、絵ってこんなに楽しいものなんだと思った。資料集で見た絵が実際に自分の目で見られる。日本だったら、美術展には行かないけど。これは私にとって初めての体験だった。

 そして夜はミュージカル「マンマミーア」。とても楽しかった。日本と海外とでは、やっぱり迫力が違う。劇場の雰囲気も全然違う。でも、だからこそ楽しく、面白かった。初めて観賞したマンマミーアが今回の公演で、本当に良かったと思う。

 ただ一つ悔しいことがある。というか身に染みて思ったことがある。それは自分の英語力の低さだ。もっと勉強していればミュージカルが何倍も何十倍も楽しかったことだろう。卒業まであと二年。どこまで伸ばせるだろうか。せっかく英国で学ばせてもらっているのだから、もっと頑張ろう。もう一度、同じのを見た時に自分の英語力が本当にどこまで成長したのかが分かるのかもしれない。この思いを忘れずに日々、成長していこうと思う。

(高等部1年生 女子)
最新情報
最新情報検索
pagetop