立教英国学院

  • 入試・入学書類ダウンロード
  • お問い合わせ
  • 保護者/在校生のページ
HOME最新情報立教生が綴る英国寮生活 > ハーフターム:会話を楽しむイギリス人の文化に接して。

立教生が綴る英国寮生活

ハーフターム:会話を楽しむイギリス人の文化に接して。


今回、私は初めてホームステイをした。というのも、両親に「ハーフターム中の飛行機のチケットとってないから、ホームステイしなかったらあんた野宿になるよ。」
と言われたからである。こう言われてしまってはやるしかない。

私が今回お世話になった家族は、とても親切な人たちだった。もし会話が進まなかったらどうしよう、など様々な不安を抱えていたが小さい子供がいたこともあり楽しく食事をとることができた。
地元をぶらぶらしたり、ギルフォードに行ったりロンドンに行ったり......。

なかなか慌しい日々で、思ったよりも時間が速く過ぎてしまった。

普段、立教からどこかに行く時はたいていコーチで移動するので、ハーフターム中の電車やバスでの移動はとても良い経験となった。

ところで、イギリスにはとてもフレンドリーな人達が多い。バスの待ち時間や休けいしている時などによく話しかけてくる。最初はとまどったが、次第にすんなりと受け答えができるようになっていた。これは日本では見られない一つの「文化」だと思う。カフェなどに行くとイギリス人は会話を楽しむ。一方、日本人はそれぞれ電子機器をいじり最初何のために集まったのか分からないような状況になることが多々ある。便利になることはとても良いことだ。だが同時に、大切なことが失われていく気がしてならない。今回のホームステイはそんなことを教えてくれた。

私も、これからは以前よりも人と人との関わりを大切にしていけたら良いなと思った。

夏休みもホームステイをするので、また違う面子で楽しめることを願っている。

(高等部2年生 女子)

最新情報
最新情報検索
pagetop