立教英国学院

  • 入試・入学書類ダウンロード
  • お問い合わせ
  • 保護者/在校生のページ
HOME最新情報立教生が綴る英国寮生活 > 目標、自信をつけること

立教生が綴る英国寮生活

目標、自信をつけること


立教に来てバスケを始めて1年、学校の公式戦で初めてシュートを決めた。自分達のボールになった瞬間走って、パスをもらってシュートした。自分の投げたボールが、ゴールの網を抜けるのが本当に嬉しく感じた。

去年の球技大会の時からバスケを始めた。
「前にしていたスポーツに似ているから。」といった理由で始めたから、なにか決意があった訳ではないし、バスケが好きだった訳でもない。そんな理由だったから、途中で辞めるかも知れないなぁなんて思ってた。けれど「なんとなく」やっていたバスケがどんどん楽しくなった。トラベリングの嵐なのは変わらないけど、シュートが入るようになった。ファールをよくもらうけど、周りの動きを見れるようになった。「憂鬱」が「愉快」になった。今ではバスケをやるのが楽しみだ。

球技大会の試合で点を決めて、少しだけ自信がついた。きっとすぐに無くなるだろうけど。でも、自信がなくなる前にシュートを決める、人を止める。それだけで、単純な私に自信をつけるには十分だ。練習中だろうと試合だろうと、攻めの姿勢を崩さない事、私の1年間の目標だ。

来年になったら高校2年生だ。高校3年生を支える立場として活躍したい。球技大会の勝負を決めるのは、2週間の練習ではなく、これからの1年間。来年こそ、自信で満ちている私で臨みたい。

(高等部1年生 女子)
最新情報
最新情報検索
pagetop