立教英国学院

  • 入試・入学書類ダウンロード
  • お問い合わせ
  • 保護者/在校生のページ
HOME最新情報立教生が綴る英国寮生活 > 本当にやらなくてはならないことと向き合えた「球技大会」

立教生が綴る英国寮生活

本当にやらなくてはならないことと向き合えた「球技大会」




 立教で二度目の球技大会の練習は、昨年よりも良い天気で始まりました。私は昨年と同じ種目のドッヂボールを選びました。私にとって最後の球技大会でもあったのですが、あえて前回と同じ種目を選んだのには理由がありました。これまで授業などでドッヂボールをしていた時など、いつも私はボールから逃げている人でした。でも、逃げているだけではチームの役には全くといっていいほど立ちません。なので、私はボールをキャッチすることと、投げることに力を入れたいと思いました。同級生の女子や後輩男子とキャッチボールを毎日続けました。初めの頃は、全く取ることができなかったボールも練習を重ねるごとに段々と取れるようになりました。天気にも恵まれ、チームメイトも練習に熱心な人達ばかりだったので、目に見えるくらいにチームの実力は上がっていきました。日々の練習のかいもあってか、球技大会当日は4対0で無事エメラルドが勝つことができました。

 今回、逃げること専門だった私が他のことにも挑戦しようと思ったのは、自分自身の勉強方法と少しでも照らし合わせてみたかったからです。どんな教科においても私は、いつも不得意なところはなるべく避けて勉強しようとしてしまいます。ですが、今になって中学校一年生や二年生の時に避けてきたものが分からなくて、困ることが最近ありました。それなのでこれからは、苦手なものほど力を入れて取り組みたいと思ったのです。

 立教での最後の球技大会で、本当にやらなくてはならないことと向き合えて良かったと思います。

(中学部3年生 女子)
最新情報
最新情報検索
pagetop
pagetop