立教英国学院

  • 入試・入学書類ダウンロード
  • お問い合わせ
  • 保護者/在校生のページ
HOME最新情報立教生が綴る英国寮生活 > 中学部アウティング作文:「ロンドン」

立教生が綴る英国寮生活

中学部アウティング作文:「ロンドン」




 3学期のアウティングは、ロンドンの街中に行けるということで、私はずっと楽しみにしていた。ピカデリーサーカスに行けると聞いたからだ。実は今回のアウティングは、三越やジャパンセンターに一番期待していたのだ。けれど、ロンドンにはもっと思い出の残るような、ロンドンでしか見られないものがあった。

 グリニッジ天文台からロンドンに移動するときに乗ったRiver Bus。船を見た時は、ちょっと汚いな...と思ってしまった。でも乗ってみると、座席がたくさんありゆっくりと落ち着けるような雰囲気だった。私は中で、目的地に着くまで座っているつもりだったが、船が苦手という友人と外の空気を吸うことになった。

 外に出た後、私は一度も中に戻ることはなかった。船から見上げる街並みは、街を歩いていても見られない景色だと思う。橋の下を通ると、だんだんとその橋の全体が見えてきたり、有名な建物をいくつも通り過ぎたり...。中3以外にこの景色を見た人がいないと思うと、すごく得をした気分になった。

 もう一つ、驚いたことがある。STOMPだ。本音を言うと、中3皆が期待している中、私はあまりしていなかった。ミュージカルを見たい、と少し不満だった。だから、余計ショーに驚かされた。一人でリズムを叩くと普段私たちが立てている音なのに、人が増えると音楽になったり、一人でいくつもの音を立てたり、楽器を使っていないのに一つの音楽が完成していた。

 しかし、もっと驚いたのは、ついさっきまでステージに立っていた人が裏口から出てきたこと。彼は本当に普通の人で、きっと街で会っても気付かないだろう。でも、彼のパフォーマンスは素晴らしかった。

(中学部3年生 女子)
最新情報
最新情報検索
pagetop