立教英国学院

  • 入試・入学書類ダウンロード
  • お問い合わせ
  • 保護者/在校生のページ
HOME最新情報立教生が綴る英国寮生活 > 大きな驚きと楽しさであふれていたまるで夢のような「オープンデイ」

立教生が綴る英国寮生活

大きな驚きと楽しさであふれていたまるで夢のような「オープンデイ」



  今回は僕にとって初めてのオープンデイでした。準備期間に始まりオープンデイ当日に至るまでのこの一週間は時間がとても短く、早く感じられました。

 そもそも僕はこのような文化祭はこれが二回目で、どれもいつもと違い、大きな驚きと楽しさであふれている状況はまるで夢のようでした。

 初めての文化祭は中一のときでしたが、剣道部として焼きそばを作って吹奏楽部のミニコンサートに行ったという思い出しか心の中に残っておらず、あまり皆と楽しんだ、笑った、協力して何かを作り上げたなどの大きな感動はありませんでした。そのためか、今回のオープンデイはより一層大きな感動とともに思い出をつくることができました。

 今回のこのオープンデイで僕は二つの企画に参加しました。一つ目はクラス企画でした。クラス企画では模型を作る係として作業に携わりました。最初はメンバーもいなくて、ほとんど一人で三つの模型を作るような状態でのスタートでした。しかし何とか作り終え、ついでにと取りかかったロンドンアイの模型は僕を合わせて六人で作業したので、残りあと二日というところからスタートしたにもかかわらず、あっという間に完成させることができました。

 二つ目はフリープロジェクトの剣道企画です。これはただ単に部活のようにするのではなく、お客さんに紹介するために行うパフォーマンスと思って本番に臨みました。しかし、やはり後夜祭で部長の友清先輩におしいところで負けてしまったことはとても悔しいです。これからこの経験をバネに、さらに成長したいです。

 オープンデイを終えた今、僕が感じていること、それは成長だと思います。人は何か大きな壁にぶつかってそれを乗り越える度に、一回りも二回りも大きくなることができるのだと思います。心を常に何かに集中させる、協力することを学ぶ、どんなに大変なときでも最後の最後まであきらめる事なく突っ走る。それこそがオープンデイを色取り、かたち作り、成り立たせているのだと思います。

 こんな理由に気付くことができ、そしてそれを実感することができた時、その時こそがその人にとってオープンデイは成功したと言えるでしょう。

(中学部3年 男子)
最新情報
最新情報検索
pagetop
pagetop