立教英国学院

  • 入試・入学書類ダウンロード
  • お問い合わせ
  • 保護者/在校生のページ
HOME最新情報立教生が綴る英国寮生活 > 夏休みの思い出〈寮生活の後の夏休みはいつもと違うものでした。〉

立教生が綴る英国寮生活

夏休みの思い出〈寮生活の後の夏休みはいつもと違うものでした。〉


今年の夏休みは、去年までの夏休みと、私にとってはいつもと違うものでした。それは、立教英国学院で春から寮生活が始まり、夏休みまでずっと家にいなかったからです。
 
帰国の7月9日の朝、空港には父と母の両方とも、私と姉をむかえに来てくれました。
両親が大きな声で私の名前を呼ぶので、ちょっとはずかしかったのですが、がまんしても私も勝手に顔が笑ってしまうので、困りました。車の中では質問がいっぱいで家までずっと話していました。
 
家に着いて、久しぶりの日本生活が始まり、日本の夏はすごく暑いことが分かりました。朝起きると、私は毎日そうじ機をかけることと、ぞうきんがけを手伝いました。姉は、犬の世話です。ちょっと動くとあせがふき出します。首にはタオルを巻きつけても汗がたれ、あつさで、顔が赤くなるくらいです。
また、食事は私のリクエストで、まずお寿司を食べに連れていってもらいました。まぐろなど生の魚を食べられる点では、日本はいいなと思いました。
 
しかし、数日たつと母が、
「宿題をやりなさい。」
など毎日口うるさく、そして、私の大きらいなセミが庭の木にいっぱい。先生にいただいたメールによると、イギリスにはセミや蚊もいない事を知り、やっぱりイギリスの方がいいなと思いました。
 
今年の夏は、いろいろな出来事を日本とイギリスと比べて、日本の夏のいい点、イギリスの夏のいい点が分かりました。そして、両方に自分の好きな点といやな点があるのだなあと思いました。まだまだこれから長くイギリスに行くので、もっといろいろな新しい発見があると思うので、楽しみです。
(小学部5年生 女子)
最新情報
最新情報検索
pagetop
pagetop