立教英国学院

  • 入試・入学書類ダウンロード
  • お問い合わせ
  • 保護者/在校生のページ
HOME最新情報立教生が綴る英国寮生活 > 僕は平成男児?令和男児?

立教生が綴る英国寮生活

僕は平成男児?令和男児?


 エイプリルフールにはボクはどんなことを言って家族を騙そうかなって思っていた。お弁当を買いに外に出たら、道の端っこにみんなが携帯を覗き込んで立ち止まっている姿を見た。ポケモンGOのゲームをしてレアなグッズを手に入れているのかと思っていた。そしたら「わー、令和、それとも平和」という声がそこら中から聞こえてきた。そうだった。今この時間にこれからの元号が発表されたのだった。急いで家に戻ってテレビをつけて見た。平成から令和、まだ実感がわかないけれど、これからどんどん慣れていくんだろうと思った。将来僕が大人になったら、「僕が中学の時にこの元号に変わったんだよ」と伝えられるように今の様子を覚えておこうと思った。
 イギリスのお友達からは「元号って何」と言われて説明に困った。元号って日本だけだったんだと思い出した。「意味は何」とも聞かれた。そういえば外国の人からは君の名前の意味って何って聞かれることが多い。急いで令和の意味を調べたら幸運と平和が合わさったものだと知った。日本の最も古い歌集から選ばれた言葉と知って、改めて日本の歴史を思い出すきっかけとなった。日本だけしか使われていない元号。昔から残っていた本。その中に書かれている梅の花見も今でも変わっていないところ。携帯を見ていた姿をゲームしているのかと勘違いした僕、エイプリルフールにどんな風にジョークを飛ばそうかと考えていた僕。ごちゃごちゃな文化が混ざっている僕の日本の生活。でもこの伝統を大事にしている日本の国もいいなと思いながら、来週イギリスに帰国する準備をしている。Japanese Eveningでは、また違った日本を紹介できそうだと思った。令和の「令」の漢字を「冷」だけしないようにしたい。

(中学部3年生 男子)

最新情報
最新情報検索
月別一覧
pagetop
pagetop