立教英国学院

  • 入試・入学書類ダウンロード
  • お問い合わせ
  • 保護者/在校生のページ
HOME最新情報立教生が綴る英国寮生活 > :「イギリスの文化にふれて」一番何が興味深いかと言えば、それは「庭」である。

立教生が綴る英国寮生活

:「イギリスの文化にふれて」一番何が興味深いかと言えば、それは「庭」である。


「イギリスの文化にふれて」

日本に文化があるのと同様に、イギリスにも文化が存在する。その文化に触れることのできるホームステイは私の秘かな楽しみになっていた。
イギリスの家庭にホームステイをすると、あぁ、これが外国の家なんだというものがちらほらと見つけたりすることが出来る。例えば、シャワールームとバスルームが2つ存在し、トイレもそこに2つ備わっている。テレビルームとダイニングルームは分かれているのでテレビを見ながらご飯など食べない。こういった日本との違いを見ていくと、面白いものなのだが、一番何が興味深いかと言えば、それは「庭」である。
私がホームステイをしてきた家庭はだいたい自分の家の庭を持っていた。その庭はすべて個性で溢れかえっているため、重なることはほとんどない。私はホームステイ先の庭を見るのが楽しみで仕方なかった。
今回のホームステイ先の方が大のガーデニング好きで、自分の庭の話を沢山してくれた。池が2つあり、花と草の色合いを気にしたりして工夫してあるその庭は、広くてとても居心地のよい庭に出来上がっていた。
どうしたらこんな庭ができるのか?そう思った私の疑問を予想していたかのように、ホームステイ先の人がある日、ガーデニングショップに連れて行ってくれた。ガーデニングショップでまず私達が見つけたのは、草木や花の売っているコーナーだった。ここで、私が驚いたのは日本の草木や花々が多いことだ。イギリスの庭に日本の草木達が植えてあるのかと思うとそれだけで嬉しくなった。もちろん、日本だけではなく他の国々から来た植物達が沢山あった。
次に行ったのは池や魚のコーナーだ。ここで私が驚いたのは、池はなんとバケツのようなもので、地面に埋めるタイプのものだったのだ。その優れた発想に私はお腹をかかえて笑った。
イギリスの中は様々な庭が辺りに広がっている。私は、一度すべての庭を見てみたいものだと心底思った。
(高等部2年生 女子)

最新情報
最新情報検索
pagetop
pagetop