立教英国学院

  • 入試・入学書類ダウンロード
  • お問い合わせ
  • 保護者/在校生のページ
HOME最新情報立教生が綴る英国寮生活 > サイエンスワークショップ体験記:一生に一度

立教生が綴る英国寮生活

サイエンスワークショップ体験記:一生に一度


 心臓のどくどくという音は、加速して行く。私は今まさに緊張の絶頂にある。

 私たち高校2年生4人はケンブリッジ大学や東北大学で開催されるサイエンスワークショップに参加する事になっています。この大冒険の最初はロンドン日本大使館で開催されるノーベル物理学賞を受賞した梶田先生のお話を聞くことでした。

 岡野先生からこの話を聞いた時、私ははっきり言って梶田先生がノーベル賞を受賞したニュートリノについてまったく知りませんでした。聞いたことあるなというぐらいでした。私は、危機感と焦りを感じました。梶田先生から直接お話が聞けるのに何も知らないまま行くなんて、と。何とかしなくちゃと思い、とりあえず、先生から勧められた動画やホームページを見て、片っ端からせめて行きました。用語が難しく分からない所は、物理の先生に質問しました。初めて知る分野だったので、知らない単語も多くあり、読んでは調べてまた読んでの繰りかえしでした。それを重ねていくうちに少しずつ分かっていき、それは、とても言葉では表せない嬉しさや興奮、物を知っていく楽しさでした。

 また、梶田先生に質問が出来ると聞いたのでみんな、「これはどうなっているか聞いてみよう」とか「梶田先生はこの時どんな気持ちだったか聞いてみよう」と色々考え意気込んでいました。ですが、大使館に着くと、そこには、まだ経験した事のない別世界が広がっており、私たちはその空気に呑まれ緊張は絶頂に達しました。中はとても豪華でじゅうたんはふわふわ、日本とイギリスがミックスされたような場所。そこにいると私が知っている先生でさえ知らない人のように見えました。緊張した私の隣には、もっと緊張して顔が強張っている、私がまだ見たことのない様な顔をした友人がちょこんと座っていました。

 梶田先生のお話が始まり、予習してきた甲斐があり、すっと頭の中にはいってきました。そしてお話が終わり、待ちに待った質問タイムが始まりました。
「次には質問しよう」と思う私のチキンハートにより私は質問がそのときは出来ませんでした。

 その後、交流タイムが始まり、その時、サイエンスワークショップに参加する英国人高校生も何人か参加しておりその子たちと梶田先生と共に記念撮影をしました。こういう交流がこれから必要になっていくのだなと改めて実感しました。撮影後、英国の子と共に梶田先生をとり囲むように質問をしにいきました。質問すると梶田先生は優しく説明してくださって私の不思議に思っていたモヤモヤがぱっと晴れていく気持ちでした。

 私にとってこの経験は一生に残る思い出になり、一生に一度のものだなと思いました。この特別講演会に来て、新しい友達を作り、たくさんの色んな知識を持った人からアドバイスをもらいました。この経験を糧にこれから頑張りたいです。

(高等部2年生 女子)
最新情報
最新情報検索
pagetop
pagetop