立教英国学院

  • 入試・入学書類ダウンロード
  • お問い合わせ
  • 保護者/在校生のページ
HOME最新情報立教生が綴る英国寮生活 > 高3

立教生が綴る英国寮生活

高3


小学5年生の9月、私は立教に入学した。当時は見るもの全てが新鮮で、どんなに些細な事でも感動していた。そしてその感動を与えてくれる先輩方に、強い憧れを抱いていた。
中学1年からは、クラスメイトがうなぎ登りに増え続けた。教室は徐々に賑やかになっていった。それにつれて先輩との関わりは減っていった。しかし先輩たちへの憧れの気持ちは、無くなるどころか、増す一方だった。

中学を卒業し、高校生になった。憧れていた高校生活は、今までの生活と何も変化がなかった。今まで通りの毎日に落胆した。同時に焦りと不安を感じた。しかしその気持ちの理由は、当時の私にはわからなかった。

そして2016年春、ついに学校の最高学年になった。「あんなに輝いて見えた高校3年生の生活も、結局はほとんど変わらないな。」最初はそう思った。しかし、違った。私が変化に鈍感だっただけで、実際は変化は徐々に着実に起きていたのである。自分より上の学年がいない。頼れる人がいないのだ。そして自分たちが後輩に頼られる側になっていた。こんなに当たり前のことに私は気付けなかったのだ。後輩の面倒を見たり、注意したりしている同学年の子を見てやっとわかった。そしてその瞬間、初めて自分が高校3年生になった実感が湧いた。抱いていた不安も消えた。

「今まで憧れて追いかけてきた高3に、本当になれるのだろうか。」今思えば、これが一番の不安の要因だった。良いか悪いかは知らないが私は誰が何と言おうが高3だ。そしてあと1年しないうちにここを去る。限られた時間を最大限に使って、「最高の高3」になりたい。そしてその姿から後輩が何か感じ取ってくれるならこれ以上の幸せはない。

(高等部3年生 女子)
最新情報
最新情報検索
pagetop