立教英国学院

  • 入試・入学書類ダウンロード
  • お問い合わせ
  • 保護者/在校生のページ
HOME最新情報立教生が綴る英国寮生活 > ミレースクール交換留学体験記「言葉なんて簡単だよ、だって私はあなた達と話せてるもの!」

立教生が綴る英国寮生活

ミレースクール交換留学体験記「言葉なんて簡単だよ、だって私はあなた達と話せてるもの!」


私は、卒業式の日、卒業することとは別の不安でいっぱいでした。
現地の学校に行って、人生で初めてのホームステイをするからです。
私は人見知りで、英語もまあまあ得意なだけで上手ではないし、心配なことだらけでした。
そんな私を励ましてくれたのは、ステイ先の子供でした。まだ5歳なのに、清々しいくらいのドヤ顔で、
「言葉なんて簡単だよ、だって私はあなた達と話せてるもの!」
簡単かどうかはわかりませんが、確かにな、と納得しました。5歳の女の子と話せてるんだから、同い年と話せないわけがないと自信が持てました。

ミレースクール1日目。久しぶりに会った4人のミレー生と挨拶をして、学校を見て回りました。授業の始まりと終わりを知らせるサイレンが非常ベルみたいだったり、パソコンが全部アップル社の良いやつだったりと、立教とは違うところがたくさんあって驚きました。
一番驚いたのは、カフェテリアでの購入の仕方です。生徒全員の指紋を登録してあり、食べ物を選んだら指紋で清算。近代的な感じがしてかっこよかったです。
ミレースクールでは、私が心配していたことは何一つ起こらず、楽しく過ごすことができました。
2日目、3日目と過ぎるうちに、バディー以外のクラスメートとも話すようになり、昼休みにはみんなでスプラットゲームもしました。

一週間で一番多かった日本語の授業で、私たち中学3年生は日本と立教についてのクイズと早口言葉を紹介しました。
5人それぞれ得意な早口言葉を紹介しましたが、本郷さんが紹介したものが一番難しく、みんな驚いて笑ったり、目を見開いたりしていて面白かったです。英語の早口言葉も練習しましたが、意味も難しくて大変でした。

立教でもやってほしいなと思った授業は、ズンバです。
音楽に合わせてダンスをするのですが、体育とは別の授業ですごく楽しかったです。ダンスは苦手ですが、ノリでできるので良いなと思いました。

そして最終日、ハグをして写真を撮りました。バディーの4人は泣いていて、それほど楽しかったんだなぁと思いました。私たち中学3年生は1人を除いてバディーがいなかったので、放課後遊ぶことはできませんでしたが、外国人の友達ができてうれしかったです。

またこういった機会があれば、参加したいです。

(中学部3年生 女子)
最新情報
最新情報検索
pagetop