立教英国学院

  • 入試・入学書類ダウンロード
  • お問い合わせ
  • 保護者/在校生のページ
HOME最新情報立教生が綴る英国寮生活 > 「このホストファミリーは偶然だけでなく出会うべくして出会ったように思える」

立教生が綴る英国寮生活

「このホストファミリーは偶然だけでなく出会うべくして出会ったように思える」





「イギリスの家庭を体験して」

私が立教生として初めてホームステイをしたのは、イーストグリンステッドに住む家族のお家ででした。そちらの母親というのは、20年間日本で働いていらっしゃった方であり、また2人の娘さんがいたのですが、どちらも日本人とのハーフでありました。つまりイギリス、日本のどちらからの目線でも話せるという、とても恵まれた環境であったと思います。
義理の父親と兄を含め、7人で住んでいたので、毎日がとてもにぎやかでした。ホームステイの初日には、ブリティッシュワイルドライフセンターというところに連れて行ってもらい、たくさんのイギリスの野生動物を見たり、イギリスの歴史や環境問題を学んだりしました。小さな町ですが、イーストグリンステッドもとても歴史がある町で、第二次世界大戦中の負傷者のための施設としてできた病院が、今でもプラスティックサジェリーの専門病院として在るのは有名です。母親のエリザベスさんは、その病院で現在働かれているそうです。他にもたくさんの国で働いたり住んでいた経験のあるご家族だったので、いろんな視点からたくさんのことを話してくれました。娘さん2人とは日本の学校とイギリスの学校の違いや勉強の仕方の違い、カルチャーの違いなど一週間を通してずいぶんと話し合いました。
イギリスの家庭と日本の家庭を比べた時に、ライフスタイルの違いというのがまず大きいと思いますが、イギリスの方が家族で過ごす時間というのは長いように思います。それぞれの家族によって違ってくると思いますが、私が今までに知り合った欧米人の話を聞く限り、日本人の家庭はある程度の年になると、家族と過ごす時間はとても少なくなるけれど、欧米ではホリデーを必ず一緒に過ごしたり、両親の仕事も子どもの習い事などもきちんと夕方で終わるようなので、夜の時間を家族で過ごすことができるんだと思います。不思議なことに、イギリスと日本のティーンエイジャーを比べた時に、イギリスの若者の方が大人だとよく言われますが、イギリスの家庭も十八歳になるまで、つまり成人するまでは、きちんとした家庭教育がなされるのであり、それゆえの自立があるのだなと思います。欧米では、ファミリーを大切にすること、そしてその気持ちを表すことがごく自然にできることが良いなと私は感じていますが、日本の文化や精神を考えると、その良さも改めて感じることができ、やっぱりどっちが良いということはできないなと思います。
ホームステイ最後の日には、義理の兄のバンドのコンサートを見に、ブライトンへ行きました。本当に楽しい時間でした。このホストファミリーは偶然だけでなく出会うべくして出会ったように思えることがたくさんありました。エリザベスさんが言っていた「私が若い頃日本のホストファミリーにお世話になったから恩返しのつもり」という言葉を、いつか私も言えるようにしたいと思います。

(高等部2年 女子生徒)

最新情報
最新情報検索
pagetop