立教英国学院

  • 入試・入学書類ダウンロード
  • お問い合わせ
  • 保護者/在校生のページ
HOME最新情報立教生が綴る英国寮生活 > Millais Schoolで一週間過ごして〈ミレースクール短期交換留学〉

立教生が綴る英国寮生活

Millais Schoolで一週間過ごして〈ミレースクール短期交換留学〉


今回の交換留学では、バディーの子の家に一週間滞在し、そこから一緒にMillais Schoolに通いました。
Millais Schoolはイギリスの現地の女子校で、7年生から11年生(11歳から16歳)までの生徒約1200人が通っています。私たちがMillais Schoolに着くと、先生が校内見学ツアーに連れて行ってくださいました。Millais Schoolの中を回ってみて最初に驚いたのは学校がとても大きいことでした。Millais Schoolでは日本の学校のように、クラス単位で授業を受けるのではなく、生徒一人ひとりが授業を選択するので、毎時間毎時間みんな受ける授業が異なります。そのため、日本の学校のように×年×組の教室というものがありません。全校生徒の人数が多いのでたくさんの教室がありました。また、Millais Schoolの授業の中にはDrama(演劇)の授業や、Zumba(アフリカの踊り)、パッチワークなどの珍しい授業がたくさんありました。それから、Millais Schoolでは、語学にも力を入れていて、日本語、フランス語、スペイン語、ドイツ語、中国語などの語学の授業を受けることができます。

初日はバディーの子と1日同じ授業を受けました。でも、授業の内容がさっぱり分かりませんでした。バディーの子に質問をしてみても、やはり、さっぱりわかりませんでした。授業が終わると、みんな一斉に教室を出て、次の授業の教室に移動します。1200人の生徒が一斉に教室移動をするので、休み時間の学校はとても慌ただしくて、まるでスクランブル交差点のようでした。Millais Schoolの生徒さんたちの中には交換留学生の私達と道ですれ違った時や、移動した先の教室でにこっと笑いかけてくれたり、挨拶をしてくれる人たちもいました。そんな生徒さんたちの優しさがとても嬉しかったです。二日目以降は日本語の授業で先生のお手伝いをしました。面白いことに、Millais Schoolでは、日本人の先生ではなく、フランス人の先生が日本語を教えていました。生徒さんと一緒に日本語で会話をしたり、漢字を教えたりしました。生徒さんたちのリスニングの能力の高さに驚きました。Millais Schoolの先生方は、私達のために個別にシルクペインティングや、中国語、Zumba、などの授業をしてくださいました。どれも普段なかなか経験することが出来ないものなので、とても楽しかったです。特に音楽に合わせながら踊るZumbaの授業は学校の授業とは思えないほど楽しいものでした。

今回の交換留学では、イギリスの学校生活や、自分と同世代の子たちが普段している生活を経験することができました。日本の学校とは異なる点が多くあって、とても刺激的な一週間になりました。週末や放課後には、ホストファミリーの人たちがBrightonや、近くの町のHorsham、素敵なレストランに連れて行ってくださってとても楽しい思い出がたくさんできました。学校から持っていった「ハウルの動く城」のDVDをバディーの子達と見たり、一緒にケーキ作りをしたりしたのもとても楽しかったです。楽しい思い出がありすぎてここでは書ききれません。今回私がこんなに貴重な経験ができたのは、この一週間お世話をしてくださったホストファミリーの方々、Millais Schoolの生徒さんや先生方のおかげです。みんな交換留学生の私たちにとても親切にしてくださいました。相手のことを思いやる気持ちと優しさは、言葉の違い、国を超えて、心と心でつながることができるのだと思いました。

言いたいことがうまく英語で伝えられない、言えなかったこともたくさんあったけれど、諦めないで伝えようとすることは本当に大切なことだと思いました。Millais Schoolでのみんなの会話は本当に早くて全然聞き取れなくて、意味が分かりませんでした。そこで自分の英語はまだまだだと痛感させられました。そんな時、ホストファミリーの人たちが私が感じている語学を学ぶことの難しさについて話を聞いてくれて、理解し、励ましてくれたから、諦めないで頑張ることができたと思います。ホストファミリーの人たちには本当に感謝しています。
たくさんの英語、イギリスの現地校での学校生活、たくさんの人々の優しさに触れた今回の交換留学は、一生忘れられない大切な思い出になりました。

(2012年度 中学部3年生 女子)
最新情報
最新情報検索
pagetop