立教英国学院

  • 入試・入学書類ダウンロード
  • お問い合わせ
  • 保護者/在校生のページ
HOME最新情報立教生が綴る英国寮生活 > Japanese Evening:文化の交流は境目の交わりであり、とても楽しく新鮮だ。

立教生が綴る英国寮生活

Japanese Evening:文化の交流は境目の交わりであり、とても楽しく新鮮だ。


「暇」そんな言葉が脳裏をよぎる。カルタコーナーは忘れ去られているような感じだった。

1週間前、5人という極端に少ない人数で企画は始まった。楽しくて割と簡単だと思っていたカルタ。実際はとても大変だった。市販のものではもちろん英人に理解してもらえない。一から手作りである。パソコンや資料から英語のことわざを探し、1枚ずつ仕上げていく。正直、面倒臭いと思う部分もあった。前日、先輩からいきなり英語で原稿を書いてくれと頼まれ、急いで書いた。もっと早く言ってくれればいいのに... そんな思いが込み上げてくる。そして、そんな思いをよそに当日がやって来た。

「Hello!」
まずは声をかける。最初に遊びに来てくれたのは年老いたおばあさん3人組だ。簡単にコミュニケーションをとり、早速説明を始める。しかし、いざ始めようとすると、いきなりカードをとり、
「取ったわよ!」
と言われてしまう。困った。そこから僕は言い方を変え、5回近く言い直した。汗ぐっしょりだ。暑い。なんとか伝わったみたいだ。良かった。安心する。その後、プレゼンテーションが始まり、僕らは暇になった。誰も来ないのだ。刻々と時間だけが過ぎる。茶道が終わり、人波が来た。チャンス!そう思い、目のあった人、誰でも構わず宣伝した。もう汗どころではない。
しかし、意外と来てくれた。嬉しかった。それに、英人と会話を交わすのも楽しい。また違った視点から景色が見えた。

ドイツと比べると英人はどこか消極的だ。しかし、文化の交流は境目の交わりであり、とても楽しく新鮮だ。会話の成り立つ嬉しさもある。長い海外経験を活かして、もう1歩踏み出して、異文化交流、そして会話をもっと楽しみたい。
(高等部1年新入生 男子)
最新情報
最新情報検索
pagetop