立教英国学院

  • 入試・入学書類ダウンロード
  • お問い合わせ
  • 保護者/在校生のページ
HOME最新情報立教生が綴る英国寮生活 > Cambridge Outing「多くのヨーロッパの国を旅してきた僕は、懐かしいような温かい気持ちになった。」

立教生が綴る英国寮生活

Cambridge Outing「多くのヨーロッパの国を旅してきた僕は、懐かしいような温かい気持ちになった。」




「ケンブリッジは何もないよ。」
先輩達に聞くと必ず同じ答が返ってきた。そのため僕はあまり期待をせず、何を食べようかということしか頭になかった。丁度お腹がすいてきて、ただ座っているのに飽きてきた頃、バスの窓からまるでお城のようなケンブリッジ大学群のひとつが、今後数時間の活動を予想しているかのように、太陽の光に照らされて現れた。多くのヨーロッパの国を旅してきた僕は、懐かしいような温かい気持ちになった。どんな発見があるのだろうかと初めての町への期待を募らせた。

「なんだ、何にもなくないじゃないか。前回のアウティングよりも楽しいぞ。」
自由時間で班行動をしていて僕はそう感じた。釘一本使わず、今もなお堂々とそこに佇んでいる「数学橋」。本物ではないが、その木の前にニュートンが立っているのをつい想像してしまう「リンゴの木」。小説「モモ」の灰色の男達と同じようなものかな、と想像したくなる「タイムイーター」。寒かったが、ヴェネチアのゴンドラを思い起こさせる「パンティング」。みんなでお揃いで買ったパーカー。カメラの枠に収められ、立教に帰って暫く経った今でも僕の印象に強く残っているケンブリッジの街並。

しかし、その中でも特別印象に残っているのは、ガイドツアーで入れてもらったトリニティ・カレッジの中庭だ。1歩足を踏み入れたとたん、
「すごい!」と、バルセロナの「サグラダ・ファミリア」を見た時と同じ声が漏れた。
外側から眺めても見えなかったものが見えてきた。きれいに整備された芝と道の真ん中にある建物が太陽の光に照らされて僕の中でグッとくるものがあった。また、有名な学者達が昔、僕と同じこの道を歩いたのだと思うと、感動と共に想像することが出来て楽しかった。
もし僕にケンブリッジ大学に入れるだけの頭とお金があったら絶対に行きたいと思える程ぼくの心に訴えかけてきた。

ケンブリッジはもっと時間が欲しいと思った。もっといろいろな小道を歩いてみたかった。今度は家族とゆっくりと見てまわる機会があればいいと思った。
最新情報
最新情報検索
pagetop
pagetop