立教英国学院

  • 入試・入学書類ダウンロード
  • お問い合わせ
  • 保護者/在校生のページ
HOME最新情報立教生が綴る英国寮生活 > UK-JAPAN Young Scientist Pre-Workshop下見外出 リンネ学会

立教生が綴る英国寮生活

UK-JAPAN Young Scientist Pre-Workshop下見外出 リンネ学会


サイエンスのワークショップ組は、来週京都から到着する参加生のためにロンドンへ下見に行きました。 朝9;30に立教を発つと、11;00頃にロンドンのWaterloo駅に到着しました。

 まず最初はUCLの下見です。サイエンスのワークショップの2日目あたりに、UCL(University College London)で教授のお話を聞く機会があるので、その時昼食をとるためのカフェを探しに行きました。僕達は一度UCLに行ったことがあるので食堂の場所を覚えており、スムーズに事を運ぶことができました。そこで昼食をとった後に地下鉄に乗って王立研究所に向かいました。

地下鉄を出た後ちょうどイギリスの空軍が空を飛んでるところでとてもかっこいい戦闘機がたくさん飛んでいて、すごかったです。最後の赤青白のスモークのついた戦闘機は今でも忘れられません。戦闘機を見た後王立研究所に向かったのですが、ちょうどprivate の予約が入っていたらしく入れませんでした。

最後に向かうのはリンネ学会です。このソサイエティ(学会)のある辺りでは、リンネを中心とした生物の分野が主になっていますが、ほかにも宇宙関係など様々なソサイエティが集まっていました。

リンネ学会に入った後、僕達はまずリンネが使った様々なものを見せていただきました。どれも1700年代の超プレミア物で、辺りにはリンネが集めたとされる様々な動物、魚、貝、植物、昆虫、などの動物、さらにはこうもりなどの哺乳類もありました。色々見せてもらった中で、特に印象に残っているのはリンネが大学の貧しい時に使っていたいろいろなことがびっしりと書かれたノート、またリンネの旅の日記、そしてリンネがいろいろな動物を体系づけたとされるノートの原本などです。とてもすごいものをたくさん見させてもらいました。

これらのリンネの手記を一通り見た後は、リンネとダーウィンのしたことの展示や、昔の顕微鏡などすごいものを見ました、最後はlibraryに行き、おそらく昔から使われていたであろう生物に関する本の数々を見せてもらいました。ガイドさんはとても丁寧に説明してくれてわかりやすかったです。

そこを出た後は軽く近くの店でお茶をした後に、夕飯を食べに行きました。夕飯は中華料理で、中華街まで行ってたくさんおいしいものを食べさせていただきました。帰りはまたバスと電車に揺られ、8;00過ぎくらいに立教につきました。今日は普段絶対に見られない資料など見れてとても勉強になりました。

僕は生物ではなくて物理を選択していますが、わからないながらも楽しめたと思います。

(高等部2年生 男子)

最新情報
最新情報検索
月別一覧
pagetop
pagetop