立教英国学院

  • 入試・入学書類ダウンロード
  • お問い合わせ
  • 保護者/在校生のページ
HOME最新情報立教生が綴る英国寮生活 > ケンブリッジ大学サイエンスワークショップ「復興にむかって」

立教生が綴る英国寮生活

ケンブリッジ大学サイエンスワークショップ「復興にむかって」


 ケンブリッジのワークショップが始まるまでの短い間、一緒にワークショップに参加する東北の高校生たちが私達の学校に滞在した。皆で観光名所や近くの町、博物館などに行った。知り合い以外の日本の高校生と接する機会はなかなか無い。部屋が同じだった人と将来の夢や志望校などを話したり、充実した時間を過ごすことができた。
 
 就寝前に話していて、東日本大震災の話題になった。そこで聞いた話に、私は衝撃を受けた。東日本大震災で沢山の方が被災したことはニュースなどを通して知っていたが、実際に経験している人に話を聞いたのは初めてだった。家が津波で流されてしまった人や、家が原子力発電所の近くだから住めない人などから、直接話を聞いた。当たり前だが、テレビや新聞などを通して聞くのとは違う、もっと迫って来るものがあった。日常が急に壊れるなど想像も出来ないようなことが、起きたのだと改めて認識させられた。

 東北の高校生のプレゼンテーションを聞く機会もあった。そこには、震災や原子力発電所によって起こったことだけではなく、復興のためのプロジェクトも紹介されていた。驚いたことに、高校生が外国と協力して行っているプロジェクトもあったのだ。復興に向けて大人も子供も頑張っているのに、私はそのことさえ、あまり知らなかった。自分が、いかに無関心だったのか、認識させられ、今までの自分が恥ずかしく感じた。

 震災から5年が経ち、前ほどは話を聞かなくなった。しかし、今でも苦しんでいる人がいて、復興しようと頑張っている人達がいる。私達はそのことを、忘れてはいけないと思う。

(高等部2年生 女子)
最新情報
最新情報検索
pagetop