立教英国学院

  • 入試・入学書類ダウンロード
  • お問い合わせ
  • 保護者/在校生のページ
HOME最新情報立教生が綴る英国寮生活 > 40周年記念コンサート作文 「目を閉じれば...」

立教生が綴る英国寮生活

40周年記念コンサート作文 「目を閉じれば...」



「パチパチパチ...」
 心地良い拍手がセント・ジョンズ・スミス・スクエアに鳴り響いた。僕は観客に礼をして、ステージを去る。長かった四十周年記念コンサートが終わった。

 朝六時に起床して、バスに揺られ、セント・ジョンズ・スミススクエアーに着いた。思ったよりも大きな会場が僕にプレッシャーをかける。

 僕はフルートでジョン・ラターのスイートアンティークからプレリュードをやることになっていた。この曲は四月から練習していて、苦手な暗譜もほぼ完璧だったので、そこまで緊張はしていなかった。

 開演三十分前。控え室にいる僕は不安になり始めた。オープンデイでの大失敗を思い出した。そのコンサートのときも同じ曲を演奏したが、途中でど忘れしてしまい、指が止まってしまったのだ。それからずいぶん練習したから大丈夫だ、と自分に言い聞かせながら最終調整をする。

 ついに開演。気付けば、会場にはたくさんのお客さんがいた。自分の順番が近くなるにつれ、高まる緊張感。そんな時、少し考えた。こんな立派なホールで演奏するのは最後かもしれない。こんな大勢の前で演奏するのは最後かもしれない。どうせ最後なら、この緊張感も楽しんでやろう。

 ステージに上がる。目の前にはたくさんの観客。でも、もうそんなのは気にならない。演奏が始まると思い出される今までやってきた練習。終盤に向け、落ち着いた曲とは逆に高揚する僕の気持ち。

 約三分の曲は、あっという間に終わった。ただ、この短時間で得た達成感、満足感はいまだかつてないほどだった。完璧ではないが、自分ができる最高のパフォーマンスができたと思う。

 コンサートが終わり、学校へと向かうバスの中。目を閉じると広がるステージ上からの風景。僕はこの風景を一生忘れない。
(高等部3年 男子)
最新情報
最新情報検索
pagetop