立教英国学院

  • 入試・入学書類ダウンロード
  • お問い合わせ
  • 保護者/在校生のページ
HOME最新情報立教生が綴る英国寮生活 > 2018年度3月 短期留学体験記 DAY 1-2〈Weald School〉

立教生が綴る英国寮生活

2018年度3月 短期留学体験記 DAY 1-2〈Weald School〉


多くの生徒が春休みを迎えていますが、3月11日(月)から15日(金)までの1週間、留学プログラムに参加し、イギリスの学校生活を体験している生徒たちがいます。
The Weald Schoolは立教から約20分ほど離れた町、Billingshurstにある共学の学校です。ここでは11歳から18歳までの約1700人の生徒が学んでいます。The Weald Schoolとは、今回が初めての交換留学となります。立教から派遣されている中学3年生2名、高校1年生4名から毎日届く留学日記を紹介します。

   *   *   *   *

学校に向かっている途中から私はずっと緊張していた。約3年ぶりの短期留学。きちんとバディーの子と話せるかとても不安だった。だが、そんな心配もよそにバディーの子、ローラはとても優しく接してくれた。Weald Schoolの子たちには私達の制服(特にネクタイ)が珍しく素敵に見えたのか、とても羨ましがられた。また、校内はとても広く迷子になりそうだった。歩いてるだけで、珍しそうに私達を見る子や「Hallo 」や「コンニチハ」と日本語で挨拶してくれる子もいた。

授業は英語が早すぎて、聞き取れなかった。Biologyは立教でも学んでいるから理解出来ると少し楽しみにしていたが、範囲が違ったため、何もわからず悲しくなった。数学は因数分解や折れ線グラフを書くといった内容だった。習った事もあったため、数学だけが今日一番理解出来る授業だった。しかし、因数分解の時に日本ではたすき掛けを使って解いていた問題が、Weald Schoolでは解き方が少し違っていて驚いた。English の授業ではなぜ教育が大切かという事を考え、ノートに書いた。みんなスラスラと書いたり意見交換をしていて、とても楽しい授業だった。

意思疎通が上手く取れない場面も多々あったし、聞き取れなかった事も多かったが明日からも積極的に話しかけていきたい。

中学3年生Kさん

   *   *   *   *

こんにちは
今日の感想を報告します
初めての現地校への短期留学ということもあり、今日は朝から緊張してました。
パートナー紹介の時には二人とも緊張していたため、あまり上手く話すことができませんでした。
しかし、教室移動の時に話すことができるようになりました。
2限に数学があったのですが、既習事項だったため、みんながわからなかった問題がわかり、発言しようかなと思いましたが、勇気が出なくて、発言することができませんでした。いつか発言できるように1週間頑張ります。

高校1年生Kさん

最新情報
最新情報検索
月別一覧
pagetop
pagetop