立教英国学院

  • 入試・入学書類ダウンロード
  • お問い合わせ
  • 保護者/在校生のページ
HOME最新情報 > 立教生が綴る英国寮生活

立教生が綴る英国寮生活

日常生活の喜怒哀楽、大きな行事から小さな出来事まで、生徒達が書いた生の文章で立教生活を生き生きと綴るコーナーです。

ローマの春休み

2018年04月20日 金曜日

今年の春休み、学校の友人が私の家のあるローマに遊びに来てくれた。わざわざイタリアまで来てくれる人はいない、と思っていたので、彼女がイタリアに来ると聞いたときには驚いた。そしてそれ以上に嬉しかった。  友人をホテルまで迎えに行ったとき、私は違和感を覚えた。いつもは学校という狭い空間で朝から夜まで生活を...

続き>>

精一杯に

2018年04月12日 木曜日

炎が灯された。不安と緊張と静けさが空気をただよっている。今日は入学礼拝、僕はこれからの学校生活が心配で心配で心配でしょうがない。朝はちゃんと起きられるか、食事を残さずにできるか、友達はできるのか、先輩とうまくやっていけるか、英語はついていけるのかとたくさんの心配事を抱えている。 すると、悩んでいるう...

続き>>

英国学院での生活

2018年04月11日 水曜日

昨日から入寮し、英国学院での生活が始まって1日経った。 朝から晩まで学校で過ごすから、時間で区切られた生活で、とてもメリハリがつく感じがする。一日一日のスケジュールがとても濃密で、時間が経つのがとても遅く感じる。しかし、他の6年生からいる友達や、中学2−3年生の先輩に聞いてみると、最初の1週間はとて...

続き>>

私のフライデースポーツ

2018年04月07日 土曜日

立教英国学院の金曜日は特殊です。五、六限の授業がフライデースポーツになります。名前の通り金曜日にスポーツをします。いくつか種類があり、学校内でできるテニスやサッカー、バスケットボールはもちろん、水泳やゴルフなどの学校外でできるスポーツも楽しめます。 その中で私の目に一際ついたのが乗馬でした。以前テニ...

続き>>

UCLでの講議

2018年03月24日 土曜日

今学期のアウティングも高校2年生は文系理系に分かれて行動することになった。私達理系はUCLで山本先生の進化発生論についての講義を受けた。内容は「洞窟の中に住む魚について」で、想像していたものよりも何倍も興味深い話だった。洞窟に住む魚は通常の海や川に住む魚とは違う点がいくつもあるらしい。まず洞窟魚には...

続き>>

ミレースクール交換留学体験記(中学部3年生女子より)

2018年03月23日 金曜日

■1日目 (火曜日) ホームステイ先の家からMillais Schoolへは車で10分、ホストファミリーに送迎していただいた。学校に着くと、すでにバディになる5人が待ってくれていた。全員揃ったところで先生が誰が誰のバディになるのかを発表した。私のバディはAnanyaというインド人の子だった。初めての...

続き>>

医学の発展と絶え間ない努力

2018年03月22日 木曜日

昨年度のケンブリッジ大学のサマープログラムでも先生のお話を伺ったので、今回は2度目の講義でした。前回はUCL についての紹介がメインであったのに対し、今回は先生の研究分野のお話をたくさん聞けて、とても興味深かったです。私は化学、物理選択で生物は勉強していませんが、以前通っていた日本の学校では一学期だ...

続き>>

運命のアウティング

2018年03月16日 金曜日

僕にとって立教で残されたアウティングはあと2回。今回のアウティングは僕の人生を大きく動かすものになるかもしれない。 僕たち理系班6名はUCLの山本先生による進化発生学の話を聞かせてもらった。山本先生の話は洞窟に住んでいる魚の話、進化の話であった。僕は進化論には大変興味がある。僕は生物を選択していたお...

続き>>

アウティング

2018年02月26日 月曜日

1月29日、月曜日、アウティングでギルフォードへ行く。晴れて、サイクリングをして遊ぶはずだったのに。 「今日は、雨プランです。」 先生の言葉が胸に刺さった。昨日から楽しみにしていたのに、なぜ空には雲がたくさんあるのか。なぜ今日にかぎって太陽が見えないのか。ミニバスの中でずっとこの疑問が頭の中にいた。...

続き>>

百人一首

2018年02月17日 土曜日

「みかの原...」 先生が上の句を読み上げている間に、みんなが必死になってふだを探している。 「パシッ。」 もう、先輩がとってしまった。今のふだは、私が知っていたふだだったのに。と、くやしがりながら、次に読まれるふだに、耳をすます。 今日は、剣道場で全校新春かるた大会が開かれている。私は、今日のため...

続き>>

かるた大会

2018年02月11日 日曜日

1月20日の夜、かるた大会が行われる。今までの練習の成果、そして先輩方の強さを実感できる夜である。 「秋の田の...」 みんなが知っている有名な歌。それをねらっている人が必ずいると知っている私はこのふだをあきらめた。そして、次に読まれる歌のために集中した。 「かささぎの...」 私の手元にあるふだ。...

続き>>

あっという間の2時間

2018年02月11日 日曜日

ぼくたち小学生は、昨日アウティングに行ってきました。どこに行ったかというと、ギルフォードのエアーホップセンターに行きました。そこはトランポリンがたくさんあってドッヂボールなども出来ました。 そこのトランポリンは日本のトランポリンと比べるとすごくはずみやすくて、天井に頭がくっつくぐらいとんでしまいまし...

続き>>

2学期が終わって

2018年01月14日 日曜日

2学期はあっという間だった。少なくとも、期末テストが終わった後はそう思った。しかしフィリピンに戻ってきてからの、なかなか治ることのなかった時差ボケや、みんなの顔を見られないことへの違和感や物足りなさが、2学期の長さ、そして充実感を物語っていた。イギリスという異郷に3ヶ月間。今思えば体力がもった私はす...

続き>>

意識

2018年01月13日 土曜日

冬休みを終えて、またこの立教英国学院に帰ってきた。そこには先学期まで赤ネクタイをつけていた高3の先輩たちの姿はなかった。寂しさや味気なさを感じると同時に、僕らH2にはプレッシャーが重くのしかかってきた。 3学期はどの学年においても個々の意識の転換が求められる時期であると僕は思っている。特に僕らH2...

続き>>

2学期を振り返って

2018年01月05日 金曜日

今思い返してみれば約3ヶ月は本当にあっという間だったと思います。これからまた学校生活が始まるのかと憂鬱な気分で車に乗り込んだ日をつい数日前のことのように思います。この学校に入ってきてからちょうど1年が経ち、2週目になって少し慣れてきて余裕が出るようになってきました。高い授業料の元を少しでも取るために...

続き>>

当直

2018年01月04日 木曜日

「チリンチリン」そう、これが与えられた仕事だ。毎朝、みんなより早く起きてすべてのドミトリーの電気をつけ、みんな起こすというもの。高1の入学したての頃、朝にこの鐘の音を聞いた時はびっくりした。学期の最初の頃はすんなり起きることができるけれど、期末が近くなってくると、もはやこの鐘の音は不愉快なものにしか...

続き>>

劣等感

2018年01月03日 水曜日

高1の2学期、バスケットボール部の最後の試合が終わり先輩たちが引退した。自分はその試合に出られなかった。理由は単純、下手だったから。僕は立教に入って初めてバスケットボールをした。今までバスケットボールなんてしたことはなかったし、体育でも避けていたほどだった。しかも同じ学年の2人はゴリゴリの経験者で、...

続き>>

司会パンフレット

2018年01月01日 月曜日

今学期は司会パンフレットの活動が先学期よりも多かった。今学期の1番の大仕事はオープンデイのパンフレット作りだったと思う。私は高校1年生の時から司会パンフレット係ではなかったので、パンフレットを作る仕事は今回が初めてだった。パンフレットはオープンデイに来てくださったお客さんや全校生徒など、多くの人のも...

続き>>

最新情報
最新情報検索
pagetop
pagetop