立教英国学院

  • 入試・入学書類ダウンロード
  • お問い合わせ
  • 保護者/在校生のページ
HOME最新情報 > 立教生が綴る英国寮生活

立教生が綴る英国寮生活

日常生活の喜怒哀楽、大きな行事から小さな出来事まで、生徒達が書いた生の文章で立教生活を生き生きと綴るコーナーです。

OPEN DAYで劇を演じて ~先輩達は違った...セリフに演技をつける、小さなしぐさ、そしてお客さんを泣かせる~

2016年11月30日 水曜日

私は、OPEN DAYのフリープロジェクトで演劇に参加した。劇の名は「UP TO YOU」二人の少女が入れかわるストーリーだ。私は、この劇でさまざまな事を教えられた。小学校の時に劇をやったことは何度もあるが、どの劇も一つの役につき数人いたので、セリフは短くて覚えるのも簡単だった。しかし、中学生として...

続き>>

OPEN DAY

2016年11月28日 月曜日

後輩たちの楽しそうな声が聞こえる。OPEN DAY準備期間が始まったそうだ。その光景を横目で見ながら勉強する私達。ふと昨年の思い出が蘇る。今年は、準備期間の残り3日から参加する。それを楽しみに、図書館で必死に勉強した。OPEN DAY準備期間。私は、キッチンの係を選んだ。思った以上にハードワークで、...

続き>>

OPEN DAY

2016年11月27日 日曜日

今年のオープンデイは特に思い出も作れず終わっていくんだろうな、と図書館で後輩のはしゃいでいる声を聞いて思っていた。去年とは違って自分には関係ないイベントに感じた。補習期間が終わって、高校3年生がオープンデイ活動をするのはたったの2日間。しかし、この2日間はとても思い出深いものになった。正直オープンデ...

続き>>

ヤキトリ職人 at OPEN DAY

2016年11月26日 土曜日

両手にタレの付いた軍手。背中には青地に「祭」と書かれた赤の文字。耳からは僕が好きなRADWIMPSの曲が聴こえる。目の前には銀の金網にのった串刺しの肉とネギ。さらに顔を上げると、こっちを見てくる人、横を見れば自分と同じような青い職人。思った以上に忙しかった。職人を離れられたのはラッフル(福引)に行っ...

続き>>

輝いて

2016年11月24日 木曜日

皿並べが終わって、New Hallから出た瞬間、ぶるりと体を震わせた。寒い。風は微かながらも冷たく頬を撫でた。こんなに寒かったっけ。そう思いながら白板を見ると11月と書いてある。えっ、もうあと1ヶ月なのか。この学校から居なくなるまで。2年前。高校1年生だった私。髪が短く、ネクタイも結ぶことが出来なか...

続き>>

「短期留学を通して」

2016年11月22日 火曜日

一学期の終業式が終わって、皆が日本やイギリスその他の国の、それぞれの自宅へ帰る頃、私を含む四人は、ホームステイ先の人の到着を今か今かと待っていた。しかし、今回の一番の目的は、ホームステイをするためではない。現地校へ「一週間の短期留学」をするためだった。今回の短期留学は、いつもの短期留学と違って、一人...

続き>>

立教英国学院の池

2016年11月21日 月曜日

私のドミトリー(生徒が住んでいるところ)には、そこそこ大きな、角ばっていない三角形の池がある。その池は、決して綺麗とはいえないが、英国のお屋敷に居るような雰囲気を味わえるから、私は好きだ。私は、よくその池の横の道を散歩する。特に用は無いけれど散歩する。それはその池にずっと前から住んでいるカモの家族が...

続き>>

私の青春

2016年11月20日 日曜日

私の青春はきっとあの日から始まっていた。この学校に入学する時、父と一緒にロシア経由で来た。そこで事件が起きた。私と父がロシアに到着した時、既にロシアからイギリスへの飛行機は離陸した後だった。入学式の前日はイギリスの高級ホテルに一泊する予定だったが、そのホテルの予約を取り消した。父は近くにいたCAの人...

続き>>

あした天気にな〜れ!

2016年11月18日 金曜日

今日は曇りで朝からずっと寒かった。こんな作文を書くのにふさわしい天気じゃない気もするが、そうでない気もする。2学期の終業礼拝まであと1ヶ月と1日の今日、勉強をしなければならないという気持ちと残りの時間を大切に過ごしたいという気持ちが交差して、形容しがたい何かがこの胸でうごめいている。僕は成長しただろ...

続き>>

考えていること

2016年11月17日 木曜日

「何を書こう。」最後の作文と聞いた時に真っ先に思ったことだ。無難に、高校生活を振り返ってみようかなと考えたが、最近学んだ事について書くことにした。私は、2週間前に受験の為日本に帰った。帰るということは書類審査が通ったという事なので嬉しくて、頭がいっぱいになり浮かれていた。なぜなら既に一校落ちて、AO...

続き>>

ロンドン

2016年11月15日 火曜日

ゆっくりと自分とクラスメイト達を乗せて上昇していくカプセルの中で、僕はぼんやりとロンドンの街並みを眺めていた。実はイギリスに来てから、ロンドン・アイに乗ったのはそれが初めてではなかった。最初にあの巨大な観覧車に乗ったのは、2年半ほど前、入学式より数日早くイギリスを訪れ、母とロンドン観光をしていた時の...

続き>>

高校3年生

2016年11月14日 月曜日

ミニチュア世界にいるみたいだった。私はアウティングで初めて上空からロンドンを見た。元々ロンドンの街並みが好きで憧れていたのだが、上から見ても普通に見てもやっぱり好きだと思った。そんな、最後のアウティングの始まりだった。しかし、いつも通り楽しんでいたからなのか、あまり「最後」と感じることができなかった...

続き>>

レ・ミゼラブルの世界に圧倒されて

2016年11月13日 日曜日

午後7時29分。もうすぐだ。私は今すぐにでもミュージカルの世界に入って行きたくてうずうずしていた。「始まった!」そう感じてからはもう私は別次元にいるようだった。好きな映画は、と聞かれたら迷わず「レ・ミゼラブル」と答えるだろう。それ位私はレミゼの世界観が好きで、曲が好きだ。レミゼはどんな私にも勇気と希...

続き>>

「最初で最後のオープンデイ」

2016年11月11日 金曜日

 私にとって最初で最後。これは、立教に来てからどのイベントにもあてはまるだろう。だが、このオープンデイだけは、このオープンデイだけは最初で最後で終わらせたくないイベントだった。 夏休みに入る前から少しずつ色々なことを決めてきた。話し合いにならなかったときも数知れずあった。二学期に入ると、その話し合い...

続き>>

「残り香」

2016年11月09日 水曜日

 オープンデーから三日たった教室は、机と椅子だけの簡素な部屋へと戻っていた。しかし、注意してよく見てみると、所々に剥がされていないテープや、掃除機で吸い取れなかった切れ端があることに気付かされる。こういった時、普段なら自然と手を伸ばして捨ててしまうのだが、どうしても頭の中で映画の様にたどたどしく流れ...

続き>>

「オープンデーの思い出」

2016年11月07日 月曜日

 ドラムロールが早まっていくと同時に自分の心拍数もバクバクとあがって行くのが分かった。ドラムロールが止まり周りが一気に静まりかえった。そしてまさかの総合優勝第一位。 「せーのっ。」初めてだった。くす玉を割ったのも、こんなにクラス全員で喜びあったのも。毎年やってくる立教最大イベント、オープンデー。何度...

続き>>

『オープンデーが終わって』

2016年11月01日 火曜日

 オープンデーを経験して一番思ったことは楽しむことは大切ということだ。 オープンデーの準備期間中、良いアイディアが思い浮かばなかったり、思い浮かんだアイディアをなかなか形にすることができなかったり、楽しくない作業ばかりでつまらなかったり、みんなお互いにいろいろな不満を持ち、友達関係がギクシャクしたり...

続き>>

pagetop