立教英国学院

  • 入試・入学書類ダウンロード
  • お問い合わせ
  • 保護者/在校生のページ
HOME最新情報 > 立教生が綴る英国寮生活

立教生が綴る英国寮生活

日常生活の喜怒哀楽、大きな行事から小さな出来事まで、生徒達が書いた生の文章で立教生活を生き生きと綴るコーナーです。

ぼくの夏休み

2015年09月27日 日曜日

 ぼくは今年の五月、帰省をせずホームステイに挑戦したため、夏休みに家に帰れる事を去年よりも楽しみにしていた。そう、本当に待ちに待ったという感じだった。 僕が何よりも楽しみにしていたのは、祖父母が再び犬を飼い始め、その犬に会える事だった。昨年ラブラドールのブレンディが老衰で亡くなってから、もう犬は飼わ...

続き>>

京都大学サイエンスワークショップ「トウガラシの辛さ」

2015年09月25日 金曜日

この夏休み、僕は京都で Japan-UK-Young Scientist Workshop というものに参加した。これは京都大学が主催しているワークショップで、日本と英国の高校生が大学の研究室で一緒に実験をするというものだ。僕が参加したグループは有機化学でテーマはハバネロからカプサイシンを抽出するこ...

続き>>

夏の風物詩

2015年09月23日 水曜日

 七月下旬、母とミュージカルを見に行った。普段は一人で歩く道だが、母がいたので音楽は聞かず、話しながら歩いた。家を出たばかりなのに、既に母の鼻の頭から雫が垂れていた。三十度を悠に超える猛暑日。日傘を差しても尚、全身から汗が吹き出た。 駅まで徒歩二十分。その間母と私はとりとめのない話をしていた。暫くし...

続き>>

ラストサマー

2015年09月21日 月曜日

高3の夏休み。それは、高校生活最後の夏であり、受験の天王山である。一日中、好きなことをしてたくさん遊んでいたあの高2の夏休みから1年が経ち、今、僕は人生で最大の岐路に立たされている。今年4月に僕はとうとう高校生活のラストイヤーを迎えた。いわば、受験シーズンだ。このシーズン前半、僕は自分が受験生だとい...

続き>>

ボランティア

2015年09月20日 日曜日

"思いだけでは人を救うことはできない。"これはある大学のパンフレットの中でボランティアに参加した学生が言っていた言葉だ。オリエンテーションの時にその学校の教授から、「あなたは彼らのために何ができますか。」と聞かれ、「何ができるかはわからないけど、彼らを思う気持ちはあります。」と答えたそうだ。しかし実...

続き>>

笑い

2015年09月19日 土曜日

今年は戦後70周年の節目の年で、多くの報道機関で、特攻隊、硫黄島の戦い、広島・長崎の原爆投下など様々な特集が組まれていました。その中で、私は初めて「わらわし隊」の存在を耳にし、同時に「笑い」の持つ無限のパワーに驚かされました。「わらわし隊」は吉本興業と朝日新聞社が共同で、日中戦争勃発後中国大陸に派遣...

続き>>

UCLワークショップ「One world, one summer, one dream」(英文)

2015年09月18日 金曜日

This summer I had the great honour to participate in the UCL Grand Challenge Japan Project. It was organized by UCL in order to celebrate the arrival ...

続き>>

UCLワークショップ「考え方が多様になるという経験」

2015年09月07日 月曜日

私が今回参加した、UCL‐Japan Young Challengeは、8日間という短い期間でしたが、とても内容の濃いものでした。数々のイベントがありましたが、私はその中でも、3日目に行われた、プレゼンテーションとディスカッションが一番印象に残っています。そこには、英国の学校に通う海外の学生や日本人...

続き>>

ケンブリッジ大学サイエンス・ワークショップ「事故について改めて考えた」原子力発電プロジェクト

2015年09月06日 日曜日

2015 Cambridge UK-JAPAN Young Scientist WorkshopFueling our Future, exploring the pros and cons of Nuclear Energy プロジェクトが始まり、自己紹介が終わった後、最初にThe Unive...

続き>>

pagetop