立教英国学院

  • 入試・入学書類ダウンロード
  • お問い合わせ
  • 保護者/在校生のページ
HOME最新情報 > 立教生が綴る英国寮生活

立教生が綴る英国寮生活

日常生活の喜怒哀楽、大きな行事から小さな出来事まで、生徒達が書いた生の文章で立教生活を生き生きと綴るコーナーです。

〈Science Workshop in 東北〉〜 仲間と過ごした熱い夏 〜

2014年09月19日 金曜日

「いよいよ始まる...!」期待と緊張、そして少しの不安を胸に、私は新幹線へ乗り込んだ。発車のベルは、サイエンスワークショップ幕開けの合図だ。 7月31日、英国の高校生と先生方が無事に羽田空港に到着した。約3週間振りの再会を喜びながらそのままバスへ乗り込む。この日から3日間は、学校ごとのグループにわか...

続き>>

〈Science Workshop in 東北〉東北、そしてイギリスの高校生からもらった刺激

2014年09月18日 木曜日

私がこのワークショップに参加した主な理由は英語力のためだ。小さい頃から海外に住んでいて、そこで勉強してきた私は、英語が苦手というわけではない。しかし、英語なら誰にも負けない、と言えるほど自信があるわけではない。そのため、夏休みの間に日本で英国人と共に学べる機会があると知り、参加することにした。英語...

続き>>

〈Science Workshop at Cambridge〉サイエンスワークショップに参加して

2014年09月17日 水曜日

夏休み、楽しみにしていたサイエンスワークショップに参加した。サイエンスワークショップとは、世界トップクラスであるケンブリッジ大学の様々な分野の研究室にお邪魔して、研究を体験するものである。日本人と英国人の生徒がそれぞれ20人程度参加するため、文化交流の場にもなる。私はgenetic、遺伝についての研...

続き>>

〈Briefing Weekend〉間違える事、質問をする事を恐れるな。

2014年09月16日 火曜日

ケンブリッジ大学と東北大学で行われるサイエンスワークショップに向けて、イギリスの現地校から英国人生徒21名が立教英国学院に来て、立教生7名と、三日間プレワークショップを行いました。 その三日間は今まで経験したことのないような新鮮な日々でした。普段なら日本人生徒の笑い声で溢れている校舎に、耳...

続き>>

「限られた時間の中で」

2014年09月15日 月曜日

よく日常で使う言葉。「もうこんな時間!」「時間がない!」しかしその言葉に大きな意味はない。立教英国学院へ入学して1年以上が過ぎた。慣れる、とは言っても常にこの学校に流れる「時間」に振り回され、どこか慌ただしく、まるで支配されているようだなぁーーー改めて振り返るとそう感じる。何も思い通りに出来ず、何も...

続き>>

夏休み

2014年09月13日 土曜日

僕は中学生になり、初めての夏休みを迎えた。家に帰る事ができるし、しかも夏休みだという事もあり、とてもワクワクした。でも帰ったのは七月上旬。妹も友達も学校。父も母も仕事。かなり残念な気持ちがした。「よし、この間に宿題を終わらせよう。」と決心したものの、なかなかはかどらなかった。これまでの3ヶ月、必ず誰...

続き>>

〈Briefing Weekend〉更なる高みに向けて・・・

2014年09月11日 木曜日

7月にイギリス人高校生と先生方を立教にお呼びして、Science Workshopの準備をするBriefing Weekendが行われた。彼らと3日間、一緒に寮で過ごし、日本での活動に備えるためだ。私はイギリスに3年ほど住んでいるが、同年代のイギリス人とこのように寮で過ごしたことなどなく、始まる前は...

続き>>

〈Briefing Weekend〉イギリスの高校生と過ごした3日間

2014年09月10日 水曜日

夏休みが始まって一週間ほど経った頃、学校に残っていた私は東北で行われるワークショップの事前研修会に参加した。東北の方でも、日本人の高校生で事前研修会を行っていたようだが、私が参加したのは立教英国学院で行われた英国人との研修会だった。 Briefing Weekendの日の午後になると、学校ごとに続々...

続き>>

最新情報
最新情報検索
pagetop