立教英国学院

  • 入試・入学書類ダウンロード
  • お問い合わせ
  • 保護者/在校生のページ
HOME最新情報 > 立教生が綴る英国寮生活

立教生が綴る英国寮生活

日常生活の喜怒哀楽、大きな行事から小さな出来事まで、生徒達が書いた生の文章で立教生活を生き生きと綴るコーナーです。

「球技大会を終えて」

2014年05月29日 木曜日

全校生徒の視線がある一枚の紙に向けられる中、「ビリッ」と音をたててめくられた一枚の紙の裏にあった数字。それを見て、全員が真剣な表情から笑顔になった球技大会の閉会式。そう、それは誰も想像していなかった結果、同点だったのです。昨年は優勝の組が決まった瞬間、嬉しさのあまり、とても大きい声で同じ仲間と共に喜...

続き>>

不意打

2014年05月28日 水曜日

 僕は2年前に日本を離れた。イギリスでの生活が、気付けば2年目も終わり、3年目へと突入した。2年で日本へ帰国する予定だった。しかし、何も起こらない。もし日本へと帰国するなら、年度末にはその旨が伝えられるはず。だが、僕の日常に変化はなかった。これから何が起こるのか、予想すらできない。だから、...

続き>>

イギリスでのサッカー生活

2014年05月27日 火曜日

 小学1年生から中学3年生まで、僕はずっと野球をやってきた。高校・大学でも野球を続けるつもりでいたし、それしかないとずっと思っていた。だが人生はそう予想通りにはいかない。僕は今イギリスの学校に通い、中学3年生の秋からサッカーを始め、3年の月日が流れ、高校生活最後の試合、そのピッチ上に立っている。全て...

続き>>

編入への決意

2014年05月26日 月曜日

私が立教英国学院のことを知り、入学をしたいと思ったのは1月です。そのことは、二次試験に合格するまでは、誰にも伝えませんでした。 立教から合格通知が来たと母に知らされたときは、とても嬉しかったです。しかし、今の生活が一転するという不安や、大好きな友達、家族と二年間遠く離れて暮らすという寂しさ...

続き>>

社会学習を通して

2014年05月25日 日曜日

この春休み、私は父の勤めている会社でアルバイトをしました。朝早く起きて会社へ行き、いくつかの雑務をこなして夕方に帰る。そんな生活を2週間、過ごしました。 父が勤めているのは車の部品会社なので、いくつかの工場が隣接しています。アルバイト初日には工場見学もあり、様々な機械がせわしなく動いて部品...

続き>>

「球技大会を楽しむ秘訣」

2014年05月24日 土曜日

 ニューホールに、歓声の声が響きました。全校生徒が喜びの声をあげ、球技大会は無事に幕を閉じました。 幼稚園から高校まで、運動会や体育祭、球技大会はあるものです。そして、毎年5月頃に行われ、生徒の友情が深まり、学校生活をどのように送るかを決める重大な行事でもあります。ここ立教英国学院では、4月に、しか...

続き>>

ミレースクール交換留学体験紀:「 印象に残った2つのこと」(日本語・英語)

2014年05月18日 日曜日

交換留学は、あっという間の一週間だった。学校は違えど現地校。私は自分が通っていた前の現地校のような様子を想像し、少し緊張していた。しかしいざ学校に行ってみると、周りの子はとても私たちに興味を持って話しかけてくれた。一緒に写真を撮ろう!とカメラを持ってきてくれた子さえいた。そんなミレーの生徒に最初は少...

続き>>

「球技大会」

2014年05月16日 金曜日

全ての力を出し切った。いつもと違う自分がそこにはいた。昨年に引き続いて女子ソフトボールになった高3が自分だけだと聞いて、私はかなり焦った。チーム決めをしたものの、両チームのメンバーの中で練習内容を考えることができる人は私だけだった。どう練習すればみんなは打てるようになるのか、ボールを捕れるようになる...

続き>>

春の美しさを五感すべてを使って感じることができた「ブルーベル見学」

2014年05月15日 木曜日

あたりは見渡すかぎり青いブルーベルの花畑が広がっていた。私にとって最初で最後のブルーベル見学に、私は乗り気ではなかった。ちょうど前日に体調を崩したうえ、友達には行くほどのものではない、体調が悪いならやめておけと忠告されたのが大きな原因である。しかし、一人でドミトリーに残って休んでいることに抵抗を感じ...

続き>>

ミレースクール交換留学体験紀:"See You Again!"

2014年05月14日 水曜日

I rode on a mini bus, which took me to where Millais students were waiting with great expectations. I looked up to see the familiar broad blue sky, an...

続き>>

「別れの次にあるもの」

2014年05月13日 火曜日

 3月といえば別れの季節である。各地で卒業式が行われ、みんなそれぞれ別々の場所に行く、そういう季節だ。 実際、この立教英国学院でも別れがあったわけだが、もう一つ僕の身の回りで起きた別れを紹介したいと思う。 僕が前に在籍していたロンドン日本人学校の友人達が日本の高校に行くために本帰国をしなければならな...

続き>>

「海外生活だからこそ」

2014年05月12日 月曜日

 「あ、メロンパンだ!!」 母が見ていたテレビに目が止まった。そこには、おいしそうにメロンパンを頬張っている映像があった。その瞬間「私も口いっぱいにメロンパンを食べたい」と思った。こんな風に思うほど、私は小さい頃から大好きだった。周りのクッキーの部分はサクサクで、そんなクッキーに囲まれたパンがフワフ...

続き>>

ミレースクール交換留学体験紀:「交換留学をして」

2014年05月10日 土曜日

ミレーとの交換留学を通して私が最も感じたことは、言葉がうまく通じなくても、心と心が通じ合えば気持ちがつながるということです。当初予定していた家が御家庭の事情で伺えなくなり、急きょニアさんの家にもう一人の友達と一緒にお世話になることになりました。急な変更で相手の家の方も一緒にステイすることになった友達...

続き>>

春休みの思い出:「自分が興味を持った事にチャレンジしてみようと胸がわくわくしています。」

2014年05月09日 金曜日

自分について考えてみると、「これ、やってみたいなぁ」と思っても、いつも言っているだけであり、なかなか行動にうつせない私でした。しかし、この春休み中は気持ちが違いました。そろそろ中学生の私ですが、中学生になれば今までやった事の無い、新しい事が増えると思います。そして私はある一つの自分が興味を持った事に...

続き>>

「立教英国学院に入学して」

2014年05月08日 木曜日

 新しい制服、新しい靴、新しいブレザーに身を包み、立教英国学院での高校生活が始まった。 高校を決める時に、もっとも重視したのが、海外にある学校ということ。私は中学で、海外派遣生としてオーストラリアに行き、世界の広さ、文化の多さを知りました。そしてもっともっと広い世界を知りたいと思い、海外にあるこの立...

続き>>

「税金の大切さ」

2014年05月07日 水曜日

 普段はテレビでニュースなど見ない私は、立教に行ったら、もっと見ることがなくなると思っていた。しかし、立教では『新聞プロジェクト』というものがあり、そのおかげで毎週新聞を読むようになった。 その中に目を引くような話題があった。配られた新聞の「消費税4月から8パーセント」という大きな見出しが目に入った...

続き>>

「球技大会」人生初のゴールキーパー

2014年05月06日 火曜日

今回、初めて球技大会があり、水色のサッカーへ入りました。色々と分からないこともありましたが先ぱい達の分かりやすい指導のもと、人生初のゴールキーパーをやらせてもらいました。今までゴールキーパーをやったことがなかったので、ワクワクしたけれども、きん張して本番はガチガチでした。いつもはこんなボール、キャッ...

続き>>

赤ネクタイの偉大さ

2014年05月04日 日曜日

 赤ネクタイが重い。もらうまではただのかざりだと思っていたけれど、受け取った瞬間それの持つ意味を感じてぞくっとした。 私たちがこの学校ですごすのはあと二学期間だけである。その間することと言えば勉強くらいで、H3になる、ということは勉強する、ということなのだけれど、かならずしも勉強すればすなわち赤ネク...

続き>>

「立教英国学院に入学して」

2014年05月03日 土曜日

 私は東京に住んでいました。髪の毛を三つ編みにし、緑色の制服を着て、千葉県にある女子校に9年間通っていました。父がイギリスで仕事することになり、私も父のいる場所で英語や音楽を学びたいと思い、この立教英国学院に入学しました。 前に通っていた学校とは環境が変わり、家族と別れる寂しさや不安でいっぱいでした...

続き>>

英語を使う機会が増えてよかった「春休み」

2014年05月02日 金曜日

 僕は、この春休みに旅行に行かず、あまり特別なことをしませんでした。けれどもこの春休みは楽しかったです。 僕は、昔通っていた現地校へ、サポートしに行きました。そこでは、日本人のおばあちゃんの先生と昔僕の担任であった技術とパソコンの外人の先生の授業をヘルプしました。 日本人の先生は、現地校にいる日本人...

続き>>

「団体競技の楽しさ」

2014年05月01日 木曜日

テニスやバドミントンと違って、バレーボールは団体競技です。そして僕は団体競技が嫌いです。自分一人の力で勝つことが不可能で、自分が仲間の足を引っ張ることもあるからです。球技大会前の僕は団体競技を、「仲間に迷惑をかけないようにプレーする」という少々堅苦しいものだと考えていました。その考えが変わることのな...

続き>>

最新情報
最新情報検索
pagetop