立教英国学院

  • 入試・入学書類ダウンロード
  • お問い合わせ
  • 保護者/在校生のページ
HOME最新情報 > 立教生が綴る英国寮生活

立教生が綴る英国寮生活

日常生活の喜怒哀楽、大きな行事から小さな出来事まで、生徒達が書いた生の文章で立教生活を生き生きと綴るコーナーです。

オープンデイを通して知ることができた「支える」という意味

2012年11月30日 金曜日

 今回のオープンデイを通して、私は「支える」ことの意味を知ることができた。私は計三回のオープンデイを経験した。高一と高二のときには、クラス企画とフリープロジェクトだけを見ていて、あたかも生徒同士で支え合ってオープンデイをつくったという錯覚に陥っていた。高三では、クラス企画もフリープロジェクトもなかっ...

続き>>

オープンデイ :クラスの絆を確かめられるとても貴重で大切な時間

2012年11月29日 木曜日

 「立教には、オープンデイっていう大きなイベントがあるんだよ〜。」と、先輩方や同級生からは聞いたことがありましたが、正直イメージが浮かびにくくて、オープンデイ期間に入るまで、ずっとイメージが曖昧なままでした。日本の文化祭のように、屋台を出したりお化け屋敷をしたりということはしませんが、この行事では日...

続き>>

35周年記念コンサートから今回のコンサートへと受け継がれた僕の5年間

2012年11月28日 水曜日

 5年前のウィグモア・ホールで行われた、立教英国学院創立35周年コンサートを僕は覚えている。当時僕はまだ中学1年生だった。一般生徒として先輩たちが演奏している姿が輝いていたのを覚えている。ピアノ、バイオリン、フルート、トロンボーン、木琴などの楽器があったのを覚えている。そして、それとともに演奏してい...

続き>>

40周年記念コンサート:「縁の下の力持ち」

2012年11月27日 火曜日

 学校の中にあるニューホールではなく、立教から約一時間と少しのロンドンのSt.John's Smith Squareのホールで行なわれたコンサートの中で、私は一つ気づいたことがある。それは、コンサートマネージャーの大変さと、そのありがたみだ。  私はずっと、コンサートの中で一番大変なのは、...

続き>>

音楽を人に伝えられる演奏のできる立教演奏者たちのコンサート

2012年11月26日 月曜日

 楽屋に響く様々な楽器の音、ピアノ、フルート、トランペット、バイオリン、ギター。その空間が心地よくて、私は他のいろんなことを忘れそうになった。音楽が人に与える影響は大きい。一瞬で悲しい気持ちにさせたり、楽しい気持ちにさせたり、全てを忘れさせてくれたりする。 私は、クワイヤーの一員としてコンサートに参...

続き>>

オープンデー作文:「最高の瞬間 」

2012年11月24日 土曜日

 「そろそろ行動しよう。」そう声をかけたのが夏休みも終盤に入った頃でした。  今年も入ったフリープロジェクトはダンス企画。去年の反省を活かして二学期を迎える前に、できる限りの準備をしようと思い、ダンス企画の高2女子に連絡しました。めんどくさがり屋な私を含め、それぞれマイペースな五人、一向に...

続き>>

オープンデー作文:「中2の絆」

2012年11月23日 金曜日

 今年のオープンデイでは模造紙、模型、展示本部部門でそれぞれ受賞することができました。 私の昨年のオープンデイの思い出はたしかに楽しいこともあったけれど、賞が会計部門だけでくやしい思いをしました。昨年は「トトロ イン ワンダーランド」という企画でした。内容は、ジブリとディズニーの比較でした。昨年も模...

続き>>

みんなの心が一つになったオープンデイ

2012年11月22日 木曜日

 「総合優勝の発表です。」 ドラムロールの音がホール中に鳴り響く。手をギュッと握りしめて、結果発表の時を待つ。ワクワクする一方で、心臓がギューッと押しつぶされるような複雑な気持ち。結果を知りたいけれど、知りたくなかった。そして、告げられた私達の順位は、三位だった。正直言って私はそれを聞いたとき、とて...

続き>>

オープンデイ作文:「We've not made it happen yet!」

2012年11月21日 水曜日

 立教英国学院に入学して初めてのOPEN DAYは、恐ろしい速さで駆け抜けていった。あれだけの知恵と労力とこころを注いで準備したはずなのに、今になってみると、まるで徒競走をはたから見ていたような気分だ。  クラス企画の準備は大変だった。学級委員もOPEN DAY経験者もほとんどが係・本部員...

続き>>

大きな驚きと楽しさであふれていたまるで夢のような「オープンデイ」

2012年11月19日 月曜日

  今回は僕にとって初めてのオープンデイでした。準備期間に始まりオープンデイ当日に至るまでのこの一週間は時間がとても短く、早く感じられました。 そもそも僕はこのような文化祭はこれが二回目で、どれもいつもと違い、大きな驚きと楽しさであふれている状況はまるで夢のようでした。 初めての文化祭は中...

続き>>

オープンデーの思い出:「こんなにすばらしい企画に入れて、よかったな。」

2012年11月18日 日曜日

私にとって、このオープンデーはとても短く感じました。みんなでいろんなアイデアを出し合い、私たちにとってとても良い作品を作り上げることが出来ました。私たちの企画はSCIENCE 2012という企画でした。私たちは、光の三原色・ドキドキ棒・釘のバランス・液晶シート・浮沈子など、色々な理科に関することを、...

続き>>

"参加する"オープンデイ、 "作る" オープンデイ。

2012年11月14日 水曜日

 今回を含め、私は6回のオープンデイを経験して思ったことが一つあります。それは、初めの3回と後の3回の大きな違いです。  私は中1の時のオープンデイから、中2、中3、高1、高2、そして高3と行ってきました。初めの3回、つまり中学の頃のオープンデイでは、オープンデイに"参加している"という気...

続き>>

川畠成道氏のワークショップ体験記:40周年記念コンサートでヴァイオリン演奏をする生徒の手記

2012年11月13日 火曜日

10月25日、世界的ヴァイオリニストの川畠成道氏が来校し、コンサートが催されました。私はその日、放課後に約30分弱レッスンを受けるチャンスを頂きました。世界で活躍するプロフェッショナルを前にして、初めは緊張したものの、折角の好機を無駄には出来ません。短い時間で、出来る限りたくさんのことを吸収しようと...

続き>>

「雨にも負けず風にも負けず」:泣き笑いを共にする仲間との時間、立教生活最後のOPENDAYを終えて。

2012年11月10日 土曜日

 高校3年生として立教英国での最後のオープンデイ。当日の二日前から参加した私達は、限られた時間の中で精一杯のおもてなしを計画した。各教室、テントのデコレーションからキッチンお手伝い用のエプロンまで、9人分のエプロンを半日で作り上げることができたのは、クラスの団結力としか考えられない。  そ...

続き>>

ケンブリッジでの美しい晩祷体験

2012年11月09日 金曜日

澄み渡った青空の下、わたしは荘厳なゴジック建築に出会った。伝統的な建物の多い英国の例に漏れず、なかなかに魅力的なCambridgeの街。その中でも一際目を引いたのは、King's collegeの壮大な構えであった。たとえ周りの建物が風雨にさらされ歴史に埋もれたとしても、ここだけは世の終わりまでどっ...

続き>>

川畠成道さんのコンサートを通して

2012年11月08日 木曜日

 先日、川畠成道さんというバイオリニストのコンサートがあった。彼は幼少時より視力障害を患い、目がほとんど視えなくなってしまった。その時、私達の想像を絶する苦しみが彼にあっただろう。しかしコンサートでの演奏からも、彼自身からも苦しみや悲しみといったものは伝わってこなかった。それどころか彼からは、自信と...

続き>>

ラスト・オックスフォード「Oxfordは僕にたくさんの思い出をくれた。たくさん英語を教えてくれた。」

2012年11月07日 水曜日

 10月10日水曜日、僕たちはオックスフォードにアウティングに出かけた。しかし、僕はもともとオックスフォードに住んでいるから、ほとんど案内役であった。けれども、父の帰国が決まり、この冬からは家族で日本に帰ることになった。だから、このアウティングが僕にとって、ラスト・オックスフォードだった。いざラスト...

続き>>

英語の力が試せた!ギルフォードショッピング

2012年11月05日 月曜日

二学期になってからずっと楽しみにしていたギルフォードショッピングに先日行ってきました。先学期のギルフォードショッピングは、町のことを全く知らなかったので、班のメンバーに付いていくだけでした。しかし、今学期のギルフォードショッピングは先学期よりも町のこと知っていたので楽しむことができました。  今回の...

続き>>

それでも大好きな「霧の町」ロンドン

2012年11月02日 金曜日

 霧の町ロンドン。どこか幻想的な雰囲気を漂わすフレーズではあるものの、5年間何度も行ってしまうと現実の世界を受け止めざるをえない。イギリスの経済、政治の中心地であり、繁華街が集中するロンドンでは、18世紀半ば頃、つまり産業革命を起源に工業が発達するにつれて世界の貿易、金融の中心地として繁栄してきた。...

続き>>

最新情報
最新情報検索
pagetop