立教英国学院

  • 入試・入学書類ダウンロード
  • お問い合わせ
  • 保護者/在校生のページ
HOME最新情報 > 立教生が綴る英国寮生活

立教生が綴る英国寮生活

日常生活の喜怒哀楽、大きな行事から小さな出来事まで、生徒達が書いた生の文章で立教生活を生き生きと綴るコーナーです。

プレーヤーと観戦者の架け橋、ウィンブルドンテニストーナメントに行って。

2011年06月30日 木曜日

「テニスの中にあるもの」 イギリスで最も有名なテニスの大会、ウィンブルドン。初めてのウィンブルドンはとても楽しかった。楽しかっただけでなく、出場する選手の真剣さ、必死さが分かった。ウィンブルドンに行って本当に良かったと思う。 朝、わくわくしていてバスの中も寝れなかった。午前7時頃にウィンブルドンに着...

続き>>

「人生初のホームステイ」英国のカントリーサイドで大自然を感じてきました。

2011年06月29日 水曜日

「人生初のホームステイ」僕が今回、ホームステイをしたところは、Pulboroughという南の方の小さな町でした。周りには何もありませんでしたが、典型的なイギリスのカントリーサイドで大自然を感じてきました。初のホームステイだったので、多少緊張しましたが、ホストファミリーがとても優しく、親切な人達で感激...

続き>>

色々な人と出会い一緒に楽しく過ごし人生で最良の思い出にするホームステイ。

2011年06月28日 火曜日

「英人と1週間」ハーフタームは、同学の2人と、ギルフォードにホームステイしました。ホームステイ先の人は、5、60代のおじさん、おばさんで、2匹子犬を飼っていました。最初会ったときは、図体は大きく、気の強そうな人だなと思って、なぜか、緊張してしまいました。僕は、英語が不得意で、もしかしたら、1週間一言...

続き>>

:「イギリスの文化にふれて」一番何が興味深いかと言えば、それは「庭」である。

2011年06月27日 月曜日

「イギリスの文化にふれて」日本に文化があるのと同様に、イギリスにも文化が存在する。その文化に触れることのできるホームステイは私の秘かな楽しみになっていた。イギリスの家庭にホームステイをすると、あぁ、これが外国の家なんだというものがちらほらと見つけたりすることが出来る。例えば、シャワールームとバスルー...

続き>>

毎日英語に触れて話すことができとても良い時間を過ごせたホームステイ。

2011年06月16日 木曜日

今年のハーフタームはホームステイをする、と1年前から決めていました。だらだらと過ごして後悔した去年の失敗をまた繰り返さないようにするためです。ステイをする上で一番心配だったのは自分の思っていることをちゃんと伝えることができるかどうか、でした。普段から英人との授業があるので、ある程度英語を理解すること...

続き>>

「このホストファミリーは偶然だけでなく出会うべくして出会ったように思える」

2011年06月12日 日曜日

「イギリスの家庭を体験して」私が立教生として初めてホームステイをしたのは、イーストグリンステッドに住む家族のお家ででした。そちらの母親というのは、20年間日本で働いていらっしゃった方であり、また2人の娘さんがいたのですが、どちらも日本人とのハーフでありました。つまりイギリス、日本のどちらからの目線で...

続き>>

「卒業式を前に」今だからこそ心に響く、昨年度高校3年生が語る立教への思い

2011年06月08日 水曜日

正直、自分がもうこの学校を卒業することが信じられない。春休みが終わったらまたここに帰ってくる気がするくらいだ。休みが終わったらまたイギリスに行く、この5年間でこれは僕にとってもはや当たり前のことになっていた。しかし僕は卒業式を最後にここを去る。学校にいる間はいつも早くこの学校を卒業して、大学生になり...

続き>>

最新情報
最新情報検索
pagetop