立教英国学院

  • 入試・入学書類ダウンロード
  • お問い合わせ
  • 保護者/在校生のページ
HOME最新情報立教生が綴る英国寮生活 > 180度見方が変わったミュージカル -なぜ普通に喋らずに歌うのだろう?

立教生が綴る英国寮生活

180度見方が変わったミュージカル -なぜ普通に喋らずに歌うのだろう?


私は昔からあまりミュージカルとは縁がなかった。なぜ普通に喋らずに歌うのだろうと思ったことすらある。今回のアウティングで、その考えが180度変わった。

私達はレ・ミゼラブルを観に行った。少し前に映画を観たことはあったが、途中で断念していた。前日に友人ともう一度見た時、私はエポニーヌと出会った。彼女はとても切ない役で、自分が好きな人が一目惚れをした相手の家をさがしたり、彼のためなら男に扮して革命にまで参加したのだ。私はエポニーヌが大好きになった。エポニーヌのそのひたむきな愛とそれでも彼のために想いを伝えず、支えていく信念。死に際に彼がこうしてそばにいてくれるだけでいいわ、という姿...。映画でも心を打たれたが、ミュージカルだったらなおさらだった。

死に際のシーンを見ている時、エポニーヌの辛さや彼に対する愛が私の中にまで入り込んでいて、気が付いたら涙があふれていた。私はこのとき、歌だからこそ彼女の気持ちを感じられたのかなと思った。きっと、言葉だけでは伝えきれない気持ちの高ぶりをあらわすために、ミュージカルはあるのだろう。レ・ミゼラブルの主役はエポニーヌではない。あくまでもエポニーヌが脇役なのは知っているが、私の中では絶対にエポニーヌが主役だ。エポニーヌのように、信念をまっすぐに持った、すてきな女性になりたい、と思った。

(高等部2年生 女子)
最新情報
最新情報検索
pagetop