立教英国学院

  • 入試・入学書類ダウンロード
  • お問い合わせ
  • 保護者/在校生のページ
HOME最新情報最近の出来事 > ●● 夏の短期留学 Summer Short-term Study in UK schools 2018 ●● 【Forest School 短期留学を終えて①】

最近の出来事

●● 夏の短期留学 Summer Short-term Study in UK schools 2018 ●● 【Forest School 短期留学を終えて①】


 2018年の短期留学が、7月9日(月)~13日(金)に無事終了しました。今年は、男子生徒はRoyal Grammar School、Forest School の2つへ、男女生徒共にThe College of Richard Collyer (Collyer's) へと、3つの学校との協力で行われました。本校から参加したのは合計で17人。5日間という短い期間でしたが、英国の学校の環境に朝から夕方まで身を置き、授業に参加したり、休み時間を楽しんだり、バディや他の生徒たちと共に長い時間を過ごしました。参加生徒たちの、短期留学を終えた作文を通じて、体験や感じたことなどをご紹介します。

【 Forest School 短期留学を終えて ①】

 私はまず今回の交換留学に行くことができて、とても嬉しかったです。今学期の途中で応募があったときには、必ず応募しようと思っていました。自分が行けるかどうかは分からなかったけれど、もし行くことができたら必ずいい経験になると思い、応募を決めました。それから何週間か経ち、自分がそれに参加できると知らされた時はとても嬉しく、楽しみだなと思いました。けれど、それとともに不安も少しありました。自分が1週間現地の学校に行って、やって行けるのだろうかと思いました。2つの学校がある中、私が参加するのはForest School という学校で、学校から参加するメンバーは高校一年生で私だけでした。ほかはみんな二年生で、仲が良い先輩だったので良かったけど、同学年と一緒が良かったです。

 終業式が終わり、みんなが帰った後学校に残り、毎日タクシーで学校に通いました。朝早くからで少しきつかったです。初日はワクワクが一番大きく、不安はあまりありませんでした。車で25分くらいかけて学校に行きました。学校に着くと、自分のパートナーとなる人が来てくれました。そのパートナーは私が学校にいる間ずっとつきっきりで行動をしてくれます。
 8時半になると1時間目がスタートしました。なんと一時間目は私が一番好きな体育でした。授業内容はハンドボールでした。体育館でやりましたが、立教と比べるととても狭く、コート一つ作ることができる広さしかありませんでした。チーム分けをされて試合をしました。ハンドボールのルールはなんとなく知っていたけれど、実際にやるのは初めてでした。思っていたよりもボールが硬く、あまり強く投げることはできませんでした。授業中に話すことはあまりありませんでした。2時間目や3時間目は理科や社会で、先生の話すスピードがとても速く、日本とは違って生徒もみんな手を挙げて討論のように発言をしていました。そこでは発言はできませんでしたが、グループになって話す場面では少し話すことができました。
 授業が4時間目まで終わると、昼食でした。みんなカフェテリアに行き、パンやアイス、飲み物、ケーキなどを買って食べました。その中で驚いたのが、生徒はみんな指紋を使って買っていたことです。1時間ほどの昼食の後は、5時間め一つで終わりでした。この日はたまたま体育でクリケットをしました。イギリスらしいスポーツでとても楽しむことができました。その後タクシーに乗り、学校に着きました。初日の正直な感想はちょっと授業が難しく、大変で少し嫌だなと思いました。学校に帰り、みんなに会って話すのがとても楽しかったです。
 
 二日目は少しめんどくさいなと思いながら学校に行くと、ペアの子が変わっていました。その子はその日と次の日を担当すると言っていました。授業が始まり、なんとなく聞いているとみんなとても優しく話しかけてくれたり、日本のことを聞いてきたりと昨日よりも楽しく会話することができました。昼食までの時間がとても短く感じられました。それは、それほど楽しかったからだと思います。昼食を終え五時間目が終わると、とてもあっという間でした。初日より喋ることができたし、楽しかったしとても良かったです。帰ってからは、もう一つの学校に通っている人とどんなことがあったかを話しました。たくさん違うことがありました。同じ地域でも制度が違うんだなと思いました。

 三日目は二日目と同じ感じの授業を受けました。一つ「あれ?」と思ったのは、数学の授業がパソコンを使った授業だということです。インターネットの中の問題を解く、という形でした。教科書というものはなかったです。また、美術もパソコンを使って一人の人について調べまとめるということもしました。日本では無いような授業でとても楽しかったです。書くよりパソコンで文字を打った方が楽でいいなと思いました。三日目となると友達とも仲が良くなってきて、嬉しかったです。三日目もすぐに過ぎてしまいました。
昼食の後には時間があまっていたので、サッカーをして気晴らしをしました。とても楽しかったです。

 四日目はある意味何も感じなくなりました。授業に慣れて普通に過ごしていました。一つ思ったのは、確実に初日よりも喋る回数が多くなっているということです。それ以外は何も変わりませんでした。
 五日目は授業という授業はなく、みんなスペイン語やフランス語のテストで自分の番がくるまでずっと自習だったので、友達と話していました。日本語をいくつか教えてあげました。それから、パートナーが生徒会らしきものの仕事の練習をしなければならなかったので、それをずっと見ていました。それで1日が終わりました。

 私は今回の交換留学に参加してみて、色々思うことがありました。まずは自分の英語のリスニング能力が低いなと思いました。ECの先生は、多分わかりやすく話してくれているんだろうなと思いました。他にも日本の授業との違いやイギリスの文化、生活の仕方など普段経験できないことを経験することができました。これは、私の人生においてとてもいい経験になったと思います。今回の交換留学で得た経験を生かし、立教でも生活して行きたいなと思いました。もし次に参加できる機会があったら、また絶対に応募しようと思います。


(高等部1年生 男子)

最新情報
最新情報検索
月別一覧
pagetop
pagetop