立教英国学院

  • 入試・入学書類ダウンロード
  • お問い合わせ
  • 保護者/在校生のページ
HOME最新情報最近の出来事 > オープンデイ準備期間が始まりました

最近の出来事

オープンデイ準備期間が始まりました





「それでは移動してください!」
オープンデイの実行委員である展示本部員の掛け声で、オープンデイ準備期間が始まりました。イギリスではハーフタームにあたる今週、立教英国学院は勉強をいったんお休みして、オープンデイ一色になります。普段勉強している教室から椅子や机を運び出し、11/3の本番に向けて作業ができるようにします。
オープンデイではクラスごとに教室を割り当てられ、各クラスがテーマに沿った展示を教室内で行います。この準備期間に入る前から、まずはクラスのテーマを決め、同時に背景係、模造紙係、模型係・・・・・・と係を決め、作業に取り掛かり、と一生懸命取り組んできました。

体育館も様変わり。看板や背景をペンキで塗る作業は体育館で行われるため、床や壁一面を黒いビニールで覆いつくします。
「もっとリアルな銀河を描きたい・・・・・・」
色塗り係の生徒は、どうすればよりきれいに見えるかを考えながら、真剣に色を重ねていきます。
「そっち、ちょっと紙が剥がれかけているから大事に扱ってね!」
色を塗るために模型が運ばれてきました。中には生徒10人ぐらいで運ばなければならないほどの大きなものもあります。
中庭では、のこぎりと木片をもつ生徒の姿も見られました。こうして模型を作って、また体育館に運んでいくのですね。

オープンデーではクラスでの展示企画のほかに、クラスや学年を超えた企画である「フリープロジェクト」も行われます。茶道や演劇、ダンスに剣道などなど、1学期から取り組んできたこれらの企画もいよいよ大詰め。本番で成功するように、各企画は最後の調整を行っています。

このように、クラス企画にもフリープロジェクトにも朝から晩まで一日中取り組むこの期間、普段とは違った友達の姿が見られます。「あの子って、こんなに真剣に取り組むんだ。頼りになるなぁ」と、友達を見直す声も聞こえてきました。普段以上に体を動かすのでいつもよりずっと疲れてしまいますが、みんなでひとつのことに向かってがんばることができる、貴重なひとときです。
さぁ、本番に向かって、どのクラスにも負けない展示を作るために今日もがんばります!

最新情報
最新情報検索
pagetop