立教英国学院

  • 入試・入学書類ダウンロード
  • お問い合わせ
  • 保護者/在校生のページ
HOME最新情報最近の出来事 > 地元の学校でクリームティー、沢山遊んで沢山話して親睦を深めました。

最近の出来事

地元の学校でクリームティー、沢山遊んで沢山話して親睦を深めました。





新学期が明け、気がつくとあっという間に数週間が過ぎていました。
この日は地元の女子校、Farlington Schoolを訪問する日。「お茶」に招待されていたので、全校から希望者を募り、昼食後から20名の生徒が外出しました。
このFarlington Schoolの生徒達は、1学期に本校で行われた「Japanese Evening」に来てくれたのですが、その時の数々の日本文化体験のお礼に、ということで今度は本校の生徒達がイギリス流「お茶会」、クリームティーに招待されたという訳です。

この学校は本校から15分ほどのところにある私立校で、広い敷地には古い建物から現代風の建物までが散在する本校によく似た環境にあります。通いの生徒もいるそうですが、半分くらいは寮で生活をしています。その中でも学期を通して寮にいるフルボーダーの生徒達が立教生を迎えてくれました。アジアやヨーロッパ各国からの留学生も多く、この日にアテンドしてくれたのは半分くらいが中国から来ている生徒達でした。同じフルボーダーということもあり、とても共感が持てて話しやすかったという生徒もいました。母国語ではない英語をほとんどネイティブスピーカーのように話す事ができる彼女達は、立教生にはとても刺激的で、年齢が近い事もあって共通の話題も見つかりやすかったようです。

到着後は野外でランダース(野球に似た女子スポーツ)を行う予定でしたが、雲行きが怪しかったこともあり室内でゲームをすることになりました。"Human Knot" 、"Birthday Line"、 "Splash"、 "Back to Back" 、"Hula-hoop Relay" ...etc. 次から次へとゲームの説明をしてくれました。中にはEC(英会話の授業)でやったことのあるゲームも出て来たりして、存分に楽しめたようです。
「女の子ばかりでしたからね。ゲームもしていたけど、ガールズトークで盛り上がっていたみたいですよ。」
とは高校男子生徒のコメント。他にも今回は中学男子生徒2名も参加していましたが、現地の女子校訪問は彼らにとってもまた貴重な体験だったようです。

ここ数年短期留学制度の提携校が増え現地校の生徒と交流する機会が増えていますが、今回はその短期留学経験者も多数参加しました。彼女達が牽引役となって、普段は「恥ずかしがりや」の生徒達も積極的に英語で会話を楽しむ事が出来たようです。

ゲームの後は食堂でクリームティー。モダンなダイニングに並べられたスコーンやサンドイッチをほおばりながら再び会話に花を咲かせました。そして最後は学校案内。広いキャンパスと建物を案内してくれました。
自分たちの学校と似ているところが沢山あったせいか、寮生活という同じ境遇を通してか、とにかく親近感が持てて別れ間際までいろいろなお話ができたようです。メールアドレスの交換もし、11月に本校で開かれるオープンデイ(学校祭)で再び会う約束をしたあと、別れを惜しみながら帰路につきました。
最新情報
最新情報検索
pagetop
pagetop