立教英国学院

  • 入試・入学書類ダウンロード
  • お問い合わせ
  • 保護者/在校生のページ
HOME最新情報最近の出来事 > ハリーポッターのフクロウが学校にやって来た!〈英会話ECの授業〉

最近の出来事

ハリーポッターのフクロウが学校にやって来た!〈英会話ECの授業〉





久しぶりの晴天。昨晩の雨がキャンパスの芝生をしっとりと落ち着かせていた。遠くから生徒達の楽しそうな声。芝生の上には何やら見慣れぬ生き物が...  子犬よりも大きな生き物がすくっと立って大きな目でこちらを見つめていた ーー イーグルオウル。
「あまり近くに寄り過ぎてはダメよ。」
ECのイギリス人の先生がフクロウの周りに集まった生徒達に穏やかに呼びかける。
「大き〜い!翼を広げたらどのくらいかなぁ?」
「Owl manに聞いて御覧なさい...」
先生に促されるとそれほどためらわずに元気に聞いた。
「そうだね、こうして見てるだけでも大きいけど、翼を広げると1.5メートルはあるんだ。」
一見寡黙な雰囲気のおじさんだったが生徒達の質問にはゆっくりと温かい目で答えてくれた。

このEC(English Communication)の授業に招かれたMr. Kenwardは地元に住むフクロウ使い。近隣の学校や施設に行ってフクロウたちを子供達に紹介している。今回はECのシャープ先生のアイデアでフクロウ達を立教に連れて来てもらった。事前の準備もたっぷりした。フクロウについて英語でいろいろな情報を集めて皆でディスカッションをしたり、フクロウ使いのおじさんにする質問もたくさん用意した。英語を習い始めて数ヶ月の小学校5年生もノートにしっかり質問を書き留めていた。
"How old are the owls?"

「このフクロウは52才。フクロウは随分長生きなんだよ。」
「向こうにいる白いフクロウが見えるかい? あれがハリーポッターに出てくるのと同じ種類だよ。それからほら、そのバスケットの中を覗いてごらん。」

芝生の上に出ているフクロウは大小合わせて5羽ほどいたが、もう一羽、芝の片隅にチョコンとおいてあるバスケットの中にもフクロウがいた。
「かわいい〜!!」
女子生徒達が大騒ぎ。バスケットの中にいたのは毛むくじゃらのフクロウの赤ちゃん。他のフクロウとはいささか違って見えたが、ギョロリとした大きな目だけは同じだった。

「ん〜、それはちょっと難しい質問だな。」
芝の向こうではMr. Kenward が今度は高校生のグループに囲まれて質問を受けていた。高校生になると質問の内容もずっと高度だ。Mr. Kenwardは1時間目の授業から昼食直前の4時間目まで、代わる代わるやって来る生徒達の質問に一生懸命答えてくれた。おまけにフクロウ達を生徒達の腕に乗せてくれるサービスも...  厚手のカバーを腕に巻いて準備が出来るとMr. Kenwardがゆっくりとフクロウを乗せてくれた。英語の質問をする時よりもずっと緊張した面持ちで腕を差し出す女子生徒。でもいったんその腕にフクロウが乗ると嬉しそうに友達に写真を撮ってもらっていた。
"Can I touch him?"
"Of course, but gently...."

大満足の生徒達。そして4時間も付き合ってくれたMr. Kenwardも立教の生徒達のことを大いに気に入ってくれたらしい。
「いろんな学校をまわっている人だけど、立教の生徒達はとっても礼儀正しくていい子達だって言ってたわ。今度あの赤ちゃんフクロウが大きくなったらまた見せに来てくれるって!」
雨上がりの快晴が良かったのか、生徒達の準備が良かったのか、はたまたMr. Kenwardの穏やかな人柄のお陰か、この企画の責任者、シャープ先生は満面の笑顔で嬉しそうに続けた。

「いいアイデアがあるの。今度は蛇使いってどう?ほら、こうやって首の周りに乗せてくれるの... 本気よ。目星はついているから...」

ECの授業がまた面白くなりそうだ。
最新情報
最新情報検索
pagetop