立教英国学院

  • 入試・入学書類ダウンロード
  • お問い合わせ
  • 保護者/在校生のページ
HOME最新情報最近の出来事 > ウルバーハンプトン校から6人の生徒を迎えて過ごした5日間。〈短期交換留学〉

最近の出来事

ウルバーハンプトン校から6人の生徒を迎えて過ごした5日間。〈短期交換留学〉



今年も、ウルバーハンプトン校より交換留学生6名を立教に迎え、5日間の寮生活を一緒に過ごしました。
この5日間のお世話係を務めるのは、次の夏休みにウルバーハンプトン校への留学を希望し、選抜された立教生6名です。
彼女たちは次の夏休みに、ペアの生徒のお宅でホームステイをして過ごします。
二つの学校の交流以上に、個人同士の関係が構築されることになります。

さて、ペアを務める立教生6名は、留学生を迎える前から意気込みが十分でした。
空いている時間に集合しては、何をしたら留学生に楽しんでもらえるのか。
どのように接したら、日本語を学んでいる留学生と一緒に楽しめるのか。
この5日間を積極的に活用しようという彼女たちのパワーは、
留学生のスケジュールを計画した教員たちをはるかにしのいでいました。

立教の名物である、三度の食事では、留学生とそのペアの生徒が一つのテーブルを囲みました。
日本語と英語が、笑顔の間を飛び交いました。
授業では、隣の席に座って、通訳を行いました。
剣道場でのカルタ遊びでは、読み札の意味を質問されて説明に苦心しました。
留学生による高校一年生全体へのプレゼンテーションでは、進行や盛り上げ役を6名が積極的に行い、
彼女たちの意気込みにつられるように、他の立教生も質問に食い付きました。

たった5日間。しかし、朝から夜まで一緒に生活する立教の一日は長い。
この短く、しかし長い5日をともに生活した12名の生徒たちは、
今回の出会いが、次の夏につながる始まりであるにもかかわらず、
互いの別れにいつまでも涙しました。

次の夏、6名の立教生を送り出し、成長した姿で再び迎えることを楽しみにしています。
最新情報
最新情報検索
pagetop