立教英国学院

  • 入試・入学書類ダウンロード
  • お問い合わせ
  • 保護者/在校生のページ
HOME最新情報最近の出来事 > 第64回漢字書き取りコンクール雑感「しっかりした字を書くようになったなあ」

最近の出来事

第64回漢字書き取りコンクール雑感「しっかりした字を書くようになったなあ」


 漢字コンクールを2回経験した中学生の答案を採点しつつ、しみじみと感じた。点、画、ハネの一つ一つをおろそかにしない気概とでもいうようなものが答案の背後に漂っているようなのだ。

 2月12日(日)夜7時30分から、第64回漢字書き取りコンクールが実施された。64回目ということは、ざっと32年間である。小学生から高校生までが同じ漢字練習帳を使って覚えこんだ漢字を競い合おうという、お祭りに近い試みからの出発だった。1番から92番までは、それぞれの学年に配当されている常用漢字からそのままの出題、中学生以下には学年に応じた換算点が設けられており、中には百点を越える生徒も出てくることとなる。93番からはウルトラCと名付けられたもので、前もって知らされたテーマから5題、今回のテーマは「調味料に関する言葉」、ラード、ミリン、ワサビ、シナモン、マスタードが出た。そして最後の3題は思わぬ漢字、妖怪ヌラリヒョン、ネジ、チョンマゲだった。もう何年前になるのだろうか、秘密のノートを大切に作り続けていた中学生がいて、彼のノートにはウルトラC対策がびっしりと集められていて、ブリキ、エキス、コンクリート、ポンプ、ミイラ・・・etc見せてもらうだけで愉快だった。

 漢字学習の楽しみが、お祭りでありながらも一画一画おろそかにしない中で培われていくとすれば、大いなる意義があることと思われる。

 今回の最高得点者は、高等部2年S君93点でした。換算点で中学部1年Kさんが105点、2年Mさんが107点を出しました。ちなみに先生方の最高得点は、何と数学科のK先生の98点でした。、素点平均1位は高2の65.8、2位は中3の64.9でした。
最新情報
最新情報検索
pagetop