立教英国学院

  • 入試・入学書類ダウンロード
  • お問い合わせ
  • 保護者/在校生のページ
HOME最新情報最近の出来事 > エミリー・ハーウッドさん再訪、イーストハウスの馬の首の正体が明らかに

最近の出来事

エミリー・ハーウッドさん再訪、イーストハウスの馬の首の正体が明らかに




1学期にも訪問してくださったエミリー・ハーウッドさんが、先週ふたたび学校を訪れてくださいました。
ハーウッドさんは現在89歳、昔、女子寮がお屋敷だった頃、領地の森番の娘として少女時代をここでおくられた方です。
今回も、第2次大戦中に立教の敷地内に墜落した爆撃機のパイロットのご遺族を案内していらっしゃいました。

1944年1月7日、立教のすぐ近くにあった空軍基地から出撃した爆撃機2機が空中で接触し、両機とも墜落してパイロット全員が死亡するという不幸な事故がありました。当時22歳だったハーウッドさんはその事故を間近で目撃し、父親と共に真っ先に駆けつけたそうです。
その墜落現場である音楽室の南側斜面をくだったサッカーフィールドの前で、皆で黙祷を捧げました。

前回訪れた時には、ハーウッドさんから「女子寮の床下に金貨が埋めてある」という驚くべき話を聞きましたが、今回もまた新事実が判明。

「イーストハウス正面のアーチの上にある馬の首には名前がある。」

ハーウッドさんによると、あの馬はお屋敷のご主人の一番のお気に入りだったそうで、レースで優勝した馬だそうです。その馬の名は 「SPARK」(スパーク)。
いかにも速そうな名前ですね。スパークを愛するご主人が、記念にあの像を作ってあそこに設置したということでした。それから何十年もたち、ご主人は亡くなり、お屋敷は立教の女子寮になりましたが、スパークは今でもあそこから訪れる人たちを見守り続けています。

   *   *   *   *

ハーウッドさんからの手紙

Dear Mr Munechika

Thank you for your kindness in allowing the family of Terry Riordan and members of the Museum access to the crash site.
I know it was a sad occasion. Terry's sister said it has given her much to think about, it was something she always wanted to do.
What the family really liked was your interest in everything and escorting them down to the football field.
I do hope you have nice weather for your open day and lots of visitors.

Yours sincerely

Emily Harwood
最新情報
最新情報検索
pagetop
pagetop