立教英国学院

  • 入試・入学書類ダウンロード
  • お問い合わせ
  • 保護者/在校生のページ
HOME最新情報最近の出来事 > 「第67回漢字書き取りコンクール」を実施しました。

最近の出来事

「第67回漢字書き取りコンクール」を実施しました。



6月9日(日)、毎年恒例の漢字書き取りコンクールが今年も行われました。小学校5年生から高校3年生まで、全校生徒で漢字の書き取りにチャレンジします。もちろん、教員も生徒たちとともに取り組みます。「先生に勝つぞ!」と意気込む生徒も見られました。

毎回漢字コンクールにはウルトラCと呼ばれる超難問が8問出題されます。
今回のテーマは「空想上の生き物」。この問題に何が出るかを予想するのも生徒の楽しみのひとつのようです。
「天使とか妖精も出るのかな?」
「閻魔(えんま)ってどう書くんだっけー!」
などといろいろ予想して勉強してくれました。
生徒会が予想した中では「麒麟(きりん)」「鳳凰(ほうおう)」「轆轤首(ろくろくび)」が見事的中!みんな書けたかな?

ハーフタームが明けてからわずか1週間。
この1週間、
「先生、漢字の過去問題5年分ください!」
「ここは、はねですか、とめですか」
などと言って、意欲的に教員のもとにやってくる生徒も少なくありませんでした。
コンクール開催は夜だったので、いつもはゆっくりしている日曜の午後も、漢字の勉強を一生懸命している生徒の姿が見られました。どんな行事にも積極的に取り組むのが、立教生のいいところですね。

その日のうちに速報が出て、結果を見に来た生徒たちは勝った負けたの大騒ぎ。
正式な結果はこれから発表され、80点以上の生徒は表彰されます。はてさてどうなるのか、これまでの頑張りは報われるのか、楽しみにしているところです。

最新情報
最新情報検索
pagetop