立教英国学院

  • 入試・入学書類ダウンロード
  • お問い合わせ
  • 保護者/在校生のページ
HOME最新情報最近の出来事 > 2018-Summer SHORT EXCHANGE PROGRAMME 【DAY THREE ; England-football fever!】◆ Royal Grammar Schoolより第四報! ◆

最近の出来事

2018-Summer SHORT EXCHANGE PROGRAMME 【DAY THREE ; England-football fever!】◆ Royal Grammar Schoolより第四報! ◆


2018年夏の短期留学プログラムが、7月8日(月)からスタートしました。短期留学先は、次の3つ。いずれも立教英国学院のある地区の、まさに地元の学校です。

Royal Grammar School (in Guildford)
Forest School (in Horsham)
The College of Richard Collyer (Collyer's) (in Horsham)

短期留学プログラムの様子を、留学生のコメントを中心にシリーズでお届けします。

 サッカーのワールドカップ準決勝、イングランドVSクロアチア戦を夜に控えた第三日目。留学先でも、今夜の試合で熱く盛り上がる興奮の中にあったようで、イングランドと学生たちの盛り上がりの渦に巻き込まれて、一日を過ごしたようです。


◆ Royal Grammar Schoolより第四報! ◆

 三日目の短期留学も無事に終わりました。今日も数学や英語、歴史などの普通の授業でしたが、午後からは学校全体で取り組んだ劇を見ました。ロイヤルグラマースクールはうちの学校と同じように各ハウスに分かれていて、それぞれのハウスで劇の良さを競い合うというものでした。劇の出来はどれも非常によく、ずっと楽しめながら見られました。生徒たちは自分の役になりきっていて、演技力もすごかったです。僕はもともと自分と違う人を演じるのが下手だから、彼らはほんとにすごいと思います。また今日、学校はサッカーのことしか言ってませんでした。日本の話などになると彼らから絶賛の言葉を沢山受けました。彼らは日本は必ず強くなるなどと言ってました。すごくうれしかったです。お返しとしてフランスとイギリスが決勝で戦うのを楽しみにしているといいました。スポーツはみんなを一つにしてくれると思います。明日はクリケット大会、明後日は水泳大会です。日本人の意地を示してきたいと思います。

(中学部3年生 男子)

   *   *   *   *

 今日は3日目。ちょうど真ん中だ。朝、いつも通り準備をする。そこで一つ思ったことがある。それは「もう半分か」だ。なんだか心配になった。これまであまり授業らしい授業を体験してないからだ。まあ、そんなことどうでもいいよね。今日もこれから1日頑張ろう!!

 RGSに着き、Mr.Doddに案内されていつものように待機部屋に行く。そこでRGSに行っている6人でパートナーが来るのを待つ。事件はそこで起こった。僕以外のパートナーは全員来ているのに僕のパートナーだけ来ない。仕方なく1人でHR教室に行ったのだが、そこにもいない。「一体どこにいったのだろうか?」と思い、違う人のパートナーに聞いてみるが、「disappear」と言われどこに行ったのか分からずHRが終わった。仕方がないので、違う人のパートナーと一緒に行動することになった。

 1時間目は、スペイン語。映画を少しだけ見たがちんぷんかんぷん。「イギリス人はたくさんの言語をやっているんだなぁ」と感心し、「よくそんなにたくさんの言語ができるなぁ」とも思った。

 2時間目は、数学。しかしこの授業も授業らしくなく、ラグビーの国際試合を見た。名シーン集で、日本のものもたくさん含まれていて、「意外と日本ってスポーツでも有名なんだな」と思った。

 3,4時間目は、地理。この授業は少しだけ授業らしかった。PCを配られて、プリント学習した。やや難しかったが、まあ楽しかった。

5時間は、英語。難しい英語をたくさんやっていたが、さすがにイギリス人に対しての難しさだったので、僕たちにとっては何を言っているかわからないくらい。

 次は待ちに待ったお昼ごはん。今日のお昼ごはんは「ローストポーク」。意外とおいしかった。

 午後からは、劇の鑑賞。みんなの頑張りがこちらまで伝わってとてもよかった。

 明日は午後にクリケットをやるらしくとても楽しみです。

(高等部1年生 男子)

最新情報
最新情報検索
月別一覧
pagetop
pagetop