立教英国学院

  • 入試・入学書類ダウンロード
  • お問い合わせ
  • 保護者/在校生のページ
HOME最新情報 > 最近の出来事

最近の出来事

本校で行われた様々な行事の報告、各教科や部署からの報告、校内の小さなニュース、連載コラムの更新等、最新のニュースをを皆様にお知らせします。

第2学期終業礼拝、高校3年生とのお別れ。

2011年12月10日 土曜日

例年になく暖かい日が続いた学期末。雨も毎日のように降っていました。高校3年生とのお別れの日となる終業礼拝前日もどんよりとした時折小雨が降る冴えない天気。夜は随分雨の音が聞こえていたのですが、一夜明けると真っ青な空が広がる穏やかな天気になっていました。朝のホームルームで成績表が渡されると、いよいよ終業...

続き>>

Elmbridge Village訪問。イギリスのご老人たちにクリスマスキャロルを披露しました。

2011年12月09日 金曜日

ちょうど1年前、外は真っ白、大雪でした。毎年帰宅日前日に学校から10分ほどのところにあるELMBRIDGE VILLAGEを全校で訪れクリスマスキャロルを歌います。ところが去年はその大雪の為、折角練習したクリスマスキャロルを歌いに行くことができませんでした。残念だったあの時の思いを胸に、高校3年生の...

続き>>

生徒会主催クリスマスコンサート、高校3年生への最後のメッセージ。

2011年12月08日 木曜日

期末試験が終わるとすぐにキャンパスはクリスマス一色になります。ホールには大きなクリスマスツリーが飾られ、金曜日の昼食にはキッチンスタッフ特製のクリスマスディナーが用意されます。教員室入口には生徒会がクリスマスカードを交換する為のボックスを設置し、今学期の感謝と思いを込めて先輩や後輩、友達や先生方にク...

続き>>

今学期末も沢山の方々が訪れて下さったスクールコンサート、全24曲が演奏されました。

2011年12月07日 水曜日

今学期のスクールコンサートにも地元イギリス人の方々を始め、ロンドンやヨーロッパ在住の保護者の方々までたくさんの人たちが生徒の演奏を聴きに訪れました。1ヶ月前にオープンデイコンサートが開かれたばかりですが、同じ曲目は更に洗練され、新たな曲もたくさん披露されました。期末試験の勉強をしながらの練習でしたが...

続き>>

高校3年生最後の仕事、ステージの上に立つ4メートルのクリスマスツリー。

2011年12月05日 月曜日

2学期の期末テストが終わってしばらくすると、食事をする大ホールのステージ上に大きなクリスマスツリーが現れます。学校のガーデナーのピーターさんが仕入れてくる4メートルもあるもみの木。この設置と飾付けをするのは、毎年高校3年生の仕事です。まずは数名の男子生徒でホール内に大きなもみの木を運び込み、それを直...

続き>>

期末試験期間が終了し、ホッと一息。小学生と中1は早速近くの森に散策に出かけました。

2011年12月02日 金曜日

11月30日(水)、午前中で期末試験のテスト返却が終わった小6と中1の16名は、昼食後、学校から車で10分ほど行ったところにある森へ散歩に出かけました。散歩時間は約1時間。川や池はあるものの、見晴らしの良い高い丘のような絶景はありませんでしたが、みんなでただ歩くだけで気分は爽快。白雪姫に登場するベニ...

続き>>

高校3年生、最初で最後のSpecial English Dinner!

2011年12月01日 木曜日

学期末恒例のSpecial English Dinner。英会話(EC)の授業に積極的に参加した生徒に与えられるCREDITSをクラス毎に集計し、獲得枚数が一番多かったクラスへ贈られるご褒美です。今学期は高校3年生がトップの座につき、33名の生徒達がイギリス人の先生方とスペシャルディナーをとりました...

続き>>

「朝日中学生ウィークリー」に掲載された生徒の記事をご紹介:人へのインタビューで英語徐々に上達

2011年11月27日 日曜日

わたしの学校はイギリスにあるキリスト教の学校で、先輩と後輩の仲が良く、とても温かい雰囲気がある。わたしはこの学校がとても好きである。学校は自然が豊かで、校内にはシカやリスがいる。寮で生活しているが、友だちがいつもそばにいるので寂しいと感じたことがない。また、他学年の人も家族のような感覚がある。イギリ...

続き>>

毎日小学生新聞(11/19号)に本校の特集記事が掲載されました。

2011年11月25日 金曜日

特集記事はこちらからご覧になれます。    

続き>>

「朝日中学生ウィークリー」に掲載された生徒の記事をご紹介:治安、人の性格 日本とは違う特徴発見

2011年11月24日 木曜日

わたしは2006年から今年まで4年半、ロンドンから電車で30分くらいの場所にあるクロイドンという地区に住んでいました。大きなショッピングモールがあり、そこには衣類から本までさまざまな商品が売られています。クロイドンには路面電車があります。路面電車はロンドン南部のウィンブルドンまで通っていて、とても便...

続き>>

高校2年生が保健の授業でイギリス人外部講師によるFIRST AIDの講習を受講

2011年11月22日 火曜日

高校2年生の生徒が保健の授業でFIRST AIDの講習を受けることになりました。今までFIRST AIDの講習を受ける機会がありませんでしたが、クラブ活動で下級生を指導することも多い高2の生徒を対象に、外部講師の方をお呼びし、トレーニングを受けることができました。1グループ14名を2グループ作り、そ...

続き>>

「朝日小学生新聞」に掲載された生徒の記事をご紹介:「夕方の暗さ」で落ち着いた

2011年11月21日 月曜日

わたしは今年の4月から通っています。1学期が終業したあとの七月下旬にはホームステイをしました。初めはとても緊張して、なかなか話せなくて困りましたが、ホームステイの家の方が少しずつ話しかけてくれたので、すぐになじむことができました。このイギリスの家族との交流でいくつか気づくことがありました。まず、ホー...

続き>>

「朝日小学生新聞」に掲載された生徒の記事をご紹介:毎朝礼拝、ベリーでジャム

2011年11月18日 金曜日

立教英国学院は全寮制の学校です。授業中は制服ですが、放課後は私服で生活しています。最初は寮生活で家族と離れるのがいやだなと思っていたけど、友達や先輩方がやさしくて、とても楽しいので、いまは家族と離れることについていやだとは思いません。学校は朝、ラジオ体操をして、朝食を食べ、礼拝をしてから授業が始まり...

続き>>

English Communication校外学習:ユニークなお店が集まるSmithbrookでスタッフにインタビュー!

2011年11月17日 木曜日

昨年度から始まった、EC(イギリス人による英会話授業)の校外学習。これまでは近隣の町に出て通りがかりの人たちへのインタビューを行ってきましたが、今学期は少し趣向を変えて、いろいろなお店を訪問してスタッフに質問をすることにしました。イギリスのお店というと、どこの町に行っても同じようなチェーン店ばかりが...

続き>>

茶室が来ましたぞ!

2011年11月16日 水曜日

11月9日(水)、午前11時ごろのこと、ガタゴトガタゴトガタタタ...窓の外から気になる機械音。シャベルカーのような車が行き来もしています。なんでしょう、この音?授業中、窓ガラスの向こうの様子が気になります。運ばれてきたのは大きな木箱3つ。重くて重くて専用の車や台車を多用して運び、大人4人が協力し合...

続き>>

沢山の話し合い、泣き笑い、喧嘩もして励まし合って作り上げた2ヶ月の成果!2011年度オープンデイ!!

2011年11月07日 月曜日

1学期のハーフタームが終わると、「2学期のオープンデイ、どうする?」と、どこからともなく「話し合わなくては」という雰囲気が漂い、クラス企画の討議がはじまります。期末考査前になると「これにしよう」「いや待てよ、こっちの方が」を繰り返し、いよいよ最終的に決まるのが7月初め。9月に戻ってくると、基本的な原...

続き>>

オープンデイ準備期間中盤戦。本格的に作業が進み、着々と「もの」が出来上がっています。

2011年11月03日 木曜日

ハーフターム4日目、オープンデイ準備活動も中盤戦を迎え、学校はますます活気に満ちてきました。生徒達はクラス企画、フリープロジェクトの他にもスクールコンサートや本部、係の仕事などいくつも掛け持ちしてキャンパスを忙しそうに駆け回っています。朝の礼拝が終わると作業着に着替えて教室へ。ホームルームで点呼をと...

続き>>

ロンドン・ミラノ・シンガポール・インド、32年前のお雛様の真実

2011年11月02日 水曜日

ロンドンに出張した際に来校した第4期生の大海さんと話していたときのこと。「高等部の第1回卒業式のときに、日本からおひな様を運んできたのは大海と殿村だよね?」「えっ、僕と磯田だと思いますが。。。」何気ない会話から驚くべき事実が発覚。それは今まで毎年の卒業式で、必ず校長先生が卒業証書授与の前に話していた...

続き>>

教室移動、ドミトリー移動がありいよいよハーフターム。OPEN DAYに向けて本格的に準備が始まります。

2011年10月31日 月曜日

いよいよハーフターム。イギリスの学校は1週間お休みになり、それぞれ自宅でゆったりと過ごす期間ですが、立教の生徒たちは帰宅せず、いつもとは全く違った1週間を学校で過ごします。毎年11月第1日曜日に行われる「OPEN DAY」に向けての準備が本格的に始まるからです。勿論授業はありません。文字通り「朝から...

続き>>

高校1年生アウティング:学都ケンブリッジは言われないと目にも留まらない小さな発見で溢れていました。

2011年10月30日 日曜日

「こんな家に住めたら、何人でも友達呼べるのに!!」「毎日泊まりに来て!って言っちゃう!」こんな会話が繰り広げられたのは、なんと学問の都ケンブリッジのトリニティ・カレッジの中央広場でした。高校一年生の2学期アウティングは、例年通り、ケンブリッジでした。毎年2年生になると行く場所ですので、1年生は先輩か...

続き>>

正式なセンターとして、本校で第1回目のTOEIC、TOEIC Bridgeの英語資格試験が行われました。

2011年10月27日 木曜日

ここ数年大学の受験資格や企業での英語運用能力の判断材料として注目され始めた英語資格試験「TOEIC」とそれに結びつく位置づけの「TOEIC Bridge」を今学期から本校でも実施することにしました。生徒帰寮前に全教員が研修を受講してTOEICの試験監督資格を取得し、今後は正式なセンターとして年に3回...

続き>>

エミリー・ハーウッドさん再訪、イーストハウスの馬の首の正体が明らかに

2011年10月24日 月曜日

1学期にも訪問してくださったエミリー・ハーウッドさんが、先週ふたたび学校を訪れてくださいました。ハーウッドさんは現在89歳、昔、女子寮がお屋敷だった頃、領地の森番の娘として少女時代をここでおくられた方です。今回も、第2次大戦中に立教の敷地内に墜落した爆撃機のパイロットのご遺族を案内していらっしゃいま...

続き>>

多忙な日常から抜けだしてリフレッシュ!高校2年生のアウティングは学都オックスフォード!

2011年10月23日 日曜日

 来年に迫った大学入試に向けていよいよ本腰を入れなければならない勉強、二週間後に迫ったオープンデーに向けての準備、また各部活のリーダーとしての活動...高校三年生が勉強に専念している今、各行事や活動で学校を引っ張っていく立場の高校二年生は、日々やらなければいけないことに追われています。そんな彼らが日...

続き>>

今学期もさらに多くの生徒達が英検に挑戦しました。

2011年10月23日 日曜日

10月15日(土)と16日(日)に日本英語検定協会の実用英語技能検定試験がありました。今学期は特に受験者が多く、準1級、1級は合わせて15名がロンドンに外出、2級以下は凖会場となっている本校で44名の生徒が受験しました。 6年ほど前から学校で実施している英検、受験は希望制ですが、ここ数年受...

続き>>

小/中学生のアウティング:気品溢れる名城とゆったりと時が流れるドックヤードを訪れました。

2011年10月22日 土曜日

10月19日、快晴。この日は絶好のアウティング日和。小学生と中学生はまずケント州にあるリーズ城を訪れました。このお城は約1000年前に立てられたイギリスでも屈指の美しいお城です。かつてはイギリス王妃の居城でもあり、かなり見応えのあるところでした。 お城に到着するとまずは腹ごしらえから。昼食...

続き>>

くまのプーさんの森で乗馬散策

2011年10月18日 火曜日

ハッキング(Hacking)とは乗馬用語。馬に乗って野外を散策して楽しむことです。イギリスでは一般的で、立教構内や傍の農道などでも、馬で散策する人たちを見かけます。 立教英国学院では、金曜日ごとのフライデースポーツで乗馬を選択できます。馬場でウォーク、トロット(ゆるやかな駆け足程度)が出来るようにな...

続き>>

数々の困難を乗り越えてステージに上げた「ギター部コンサート」

2011年10月11日 火曜日

10月9日(日)午後3時よりギター部によるコンサートがNew Hallで行われました。2学期は一番長い学期ですが、行事も目白押し、そして数週間後には立教最大のイベント「オープンデイ」もあるので、一年で一番忙しい学期でもあります。この日も地元Rudgwick村で行われたアップルデーや野外研究会の外出が...

続き>>

川畠成道バイオリンコンサート バイオリンの音色に酔いしれた夜

2011年10月09日 日曜日

 10月7日(金)の7限、川畠成道さんのバイオリンコンサートがありました。川畠成道さんは、視覚障害を持つ天才バイオリニストとして知られています。舞台は、普段は食堂として使用しているNew Hall。しかし、その夜は全校生徒と教職員162人と近隣の英人のお客様150人以上が集まり、New Hallは満...

続き>>

今までで一番、もっとバスケが上手くなりたいと思えた試合

2011年10月07日 金曜日

高校3年生の引退後初めての対外試合が10月1日(土)に行われました。対戦相手は毎年訪問し、交流を行っている女子校、Woldingham School。土曜日の4限終了後に学校を出発し、車に揺れること1時間。Woldingham Schoolと書かれた学校の門を通過し、やっと着いたと思って辺りを見回し...

続き>>

ロンドン日本人学校の文化祭を訪問

2011年10月06日 木曜日

夏に逆戻りしたのではないかと思うほど好天の日曜日、5人の立教生がロンドン日本人学校の文化祭を訪れた。今回訪れた5人の中には、ロンドン日本人学校を卒業した生徒たちもいる。彼らにとっては久々の母校である。かつての後輩たちが織りなす合唱や劇をとても楽しみにしていた。そして今回の外出を最も待ち望んでいたオー...

続き>>

「因数分解で数の美しさを堪能!」

2011年10月04日 火曜日

立教英国学院では、中学校3年生以上(中学校2年生以下は希望者のみ)を対象に、毎年1回、2学期に因数分解コンクールを実施しています。このコンクールでは、特に理系の生徒の活躍がめざましく、生徒達の数学に対するモチベーションを上げる良い機会になっています。「先生、因数分解コンクールの過去問下さい。」コンク...

続き>>

年を追うごとに変化していく生徒たちの「顔」。毎年恒例の個人写真・卒業学年写真撮影がありました。

2011年10月01日 土曜日

9月28日、午前中から図書館で個人写真の撮影がありました。毎年2学期、全校生徒が一人一人プロのカメラマンに写真を撮ってもらいます。証明写真のような白背景/正面を向いたものではなく、スタジオ風にセッティングされた中、少し斜めに身体を向けてちょっと気取ったポーズで撮る写真―イギリスの現地校でよくある写真...

続き>>

イギリスで乗馬をしよう! 立教のフライデースポーツ

2011年09月30日 金曜日

皆さんはイギリスに来たら何をしてみたいですか?  ロンドン観光?  それともフィッシュ&チップスの食べ歩き?  それともホームステイ?   立教生となった新入生が挑戦してみたいもののひとつが「乗馬」です。4月の英国王室の結婚式でもたくさんの騎馬隊が登場しました。ロンドンを歩くと、騎馬警官の...

続き>>

一碗からピースフルネスを  ~裏千家千玄室氏の講演会に出席して~

2011年09月27日 火曜日

9月22日木曜日。 この日、立教は「午後ブレイク」の日でした。学期がはじまって10日が経つと、立教では必ず、授業は午前中だけで午後はお休みの日があります。長期の休みが終わって始まった新学期、寮の学校生活に徐々に慣れるものの、はじめはややギャップが大きく感じられます。10日目ごろに「午後ブレイク」(休...

続き>>

「全校生徒・教員・スタッフー 学校中の全ての人達が一枚の大きな写真に収まる日、全校写真撮影が行われました。」

2011年09月21日 水曜日

学校が始まってから1週間が経ち本格的に2学期が動き始めた第2週目、9月20日に全校写真撮影が行われました。   天気は曇り、風の無い穏やかな朝だったので、写真撮影には最適。午前中の授業が始まる頃から撮影業者が来て体育館の隣の校庭に大きな足場を組んでいきます。全校生徒、日本人・イギリス人の全...

続き>>

ロンドンで行われた『JAPAN祭り』に今年も立教生がボランティアとして参加しました。

2011年09月19日 月曜日

9月18日、さわやかな秋の日曜日、立教英国学院はロンドンへ『JAPAN祭り』に外出してきました。このイベントは、一昨年からはじまった大きな催しで、英国内の企業が出資し、様々な出店や企画がもうけられ、イギリスの方も在英の日本の方もとても楽しめるものです。今年はテムズ川向こうにビッグベン(国会議事堂)を...

続き>>

第2学期始業礼拝。14名の新入生を迎えて新たなるスタート。緊張していたのは新入生だけではありません。

2011年09月12日 月曜日

9月11日晴れ。昨日新入生14名を含む全生徒が帰寮し、今日は午前10:00から第2学期始業礼拝が行われました。この日は、アメリカで起きたテロから10年、そして3月の東日本大震災から丁度半年に当たり、亡くなられた方々のご冥福を全校でお祈りし、チャプレンからは、「このことを胸に、思いを新たにして今学期も...

続き>>

2011年ケンブリッジ大学 Science Workshop 関連リンク

2011年09月01日 木曜日

★★★本校ホームページ内リンク★★★UK-Japan Young Scientist Workshop at Cambridge 2011  成田空港にて壮行会開かれるプレワークショップ ロンドン研修日英高校生サイエンスワークショップケンブリッジ 2011 ...

続き>>

2011年ケンブリッジ大学 Science Workshop

2011年09月01日 木曜日

日英高校生のためのサイエンスワークショップ開催今年で2回目を迎えるケンブリッジ大学での日英高校生のためのサイエンスワークショップに東日本大震災被災地域を代表して6校の学校より生徒15名教員6名を英国に特別に招待しました。このワークショップはクリフトン科学トラスト、アルボーン博士が主催し、共催団体とし...

続き>>

1学期末に表彰された読書感想文 銀賞:『ボックス!』を読んで

2011年07月28日 木曜日

boxという英単語にはボクシングをすると言う動詞の意味がある。僕にとってボクシングとは人がお互いに顔や腹を殴り合って、額や体から血を流す残酷なイメージのスポーツ...いや、スポーツとも正直言い難いものだった。試合を見に行きたいとも思ったことがない。しかしこの本を読んでいくと次第に自分がボクシングに興...

続き>>

1学期末に表彰された読書感想文 銀賞:千野栄一『外国語上達法』を読んで

2011年07月27日 水曜日

僕は父親の仕事の都合で、人生のおよそ3分の1を海外で過ごしてきた。そんな中で僕が出会ってきたものは色々とあるが、その中でも小さい頃から僕にとって一番すごいことのように思えたのは、日本と違う国の人たちが、日本語ではない言葉を話す光景だった。自分には全くわからないのに、他の人にとってはその言葉を話すこと...

続き>>

1学期末に表彰された読書感想文 金賞:『ビタミンF』を読んで

2011年07月25日 月曜日

この本は短編集だったので、その中で1番自分が考えさせられた作品について書こうと思います。その物語の主人公は、妻と子供を2人持つ、会社勤めのお父さんです。彼は会社でも家でも「器が大きい」とか「大人だ」とか「強くて余裕がある」と言われ、一目置かれているような存在でした。彼自身も、「間違ったことだけはした...

続き>>

たったひとりの長い夏への助走

2011年07月18日 月曜日

平均気温19度、朝夕にはセーターを羽織らなければ肌寒い。まるで、日差しの澄んだ高原の、隠された避暑の村である。他学年全てが帰宅して行った南英の、ひっそりとした学校での1週間、夢のような補習授業である。国公立大学、難関私立大志望生徒対象に昨夏より設けられた夏期補習、今夏は30名の生徒が受講した。7時起...

続き>>

It was simply wonderful and I was along with others 'spellbound'.:スクールコンサートへのメッセージ

2011年07月16日 土曜日

先日本校で行われた東日本大震災の為のチャリティーコンサートに来て下さったイギリス人の方々からメッセージが届きましたので、以下にご紹介致します。Dear Headmaster Please forgive my e-mailing this rather than sending a hand wri...

続き>>

長い夏休みを前に本校チャプレン高野主教から貴重なお話をして頂いた平成23年度第1学期終業礼拝式。

2011年07月14日 木曜日

平成23年度第1学期終業礼拝式を、7月9日、青空の見える爽やかな天候の下で執り行う事が出来ました。本校チャプレンの高野主教より次のような御言葉を戴きました。「この夏休み、日本では東日本大震災の影響で冷房がカットされたりして大変かもしれませんが、覚悟を決め、前を向いて日々を充実させていってください。私...

続き>>

本校生徒による東日本大震災チャリティーコンサートが開かれ、150名を超す方々が来校しました。

2011年07月12日 火曜日

華麗なバグパイプのファンファーレで幕を開けたスクールコンサート。ピアノ、サックス、ギターにハープなど様々な音色や歌声が織り成すステージは、生徒や教員は勿論、お迎えした150名のお客様の喝采を博すものとなった。殊にバイオリンソロの演奏は圧巻だった。繊細さと大胆さをなめらかに御した一心不乱のその旋律は、...

続き>>

7月3日(日) ラジウィック村のコドモ礼拝 at RUDGWICK's PARISH CHURCH

2011年07月11日 月曜日

立教英国学院では、地元の教会の日曜礼拝に出席しています。各クラスが交替で1学期に1回程度、外出の機会を持ちます。英国はどの町・村も教会を中心に成り立っており、近くのクランレー村を訪れると、教会からまっすぐに伸びるHIGH STREETという通りを中心に、店舗と住宅が広がり、人々の居住区が形成されてい...

続き>>

女子寮の床下に金貨? 昔ここに住んでいた方が学校を訪れました

2011年07月02日 土曜日

立教の女子寮となっている本館は、100年以上前に建てられたお屋敷です。先週、その頃に少女時代を送ったという方が学校を訪問してくださいました。その方のお名前はエミリー・ハーウッドさん。お屋敷の主人に仕えるゲームキーパー(森番、ハリー・ポッターのハグリッドですね)の娘として、森の中の家に暮らしていたそう...

続き>>

「最高の天気の中でのウィンブルドンテニス観戦」

2011年06月26日 日曜日

先週の金曜日に続き、今週の金曜日も、立教生は校外にくりだしました。 ウィンブルドンのテニス観戦です。チケットの予約は取れたのか?心配ご無用です。朝5時に起きて、みんなで並ぶのですから。   バスに揺られること1時間半、住宅街を抜けて突然現れたウィンブルドンの会場前は、朝の7時前だというのに...

続き>>

「雨の中のアウティング、生徒達の晴れやかな顔が一段と輝いていました」

2011年06月25日 土曜日

H1のアウティング。まず、向かった先は、世界最大の規模を誇り、博物館の王様と呼ばれている大英博物館。世界史の教員によって、展示物の説明を受けながら、生徒達は、しっかりと作り込まれたアウティングのしおりの中にあるワークシートに重要事項を書き込みながら熱心に観ていました。大英博物館で一番の人気は、誰もが...

続き>>

ー 光化学「スモッグ」注意報 ー 第63回漢字書き取りコンクール

2011年06月23日 木曜日

毎年1学期と3学期に行なわれる恒例の漢字書き取りコンクールが6月13日 日曜日夜に実施されました。問題は100題。漢字書き取り問題集から92問、ウルトラCと呼ばれる難問8問。ウルトラC8題中5題は「気象に関する自然現象についてのことば」より出題されました。ウルトラCの問題を少し紹介すると、 ●光化学...

続き>>

小・中学生1学期アウティングーLyme Regisー数億年前へタイムスリップ、アンモナイトと過ごした1日。

2011年06月22日 水曜日

今年度から始まった1学期のアウティング、小・中学生はLyme Regisという小さな海辺の町に化石採集に出掛けました。ここ数日ぐずついた天気が続き、この日も朝から曇り空。時折小雨がちらつく生憎の天気でしたが、予定通り9時前には学校を出発。西に向かって長いドライブが始まりました。Lyme Regisへ...

続き>>

高校2年生ギター部、初の単独コンサート!先輩や後輩達と大いに盛り上がった日曜日の午後のひと時でした。

2011年06月21日 火曜日

6月19日日曜日、ギター部のコンサートがありました。高校2年生のメンバーが初めて単独で開くコンサート。先学期先輩達と一緒に行ったコンサートとはまたひと味違った初々しいコンサートとなりました。今学期は例年に増して学校行事が続き、練習時間も侭ならないまま本番を迎えましたが、コンサート会場になったニューホ...

続き>>

高校2年生アウティング ~夏目漱石の足跡をたずねて~

2011年06月20日 月曜日

6月17日金曜日。朝起きると、今にも泣き出しそうな空模様。「せっかくのアウティング(遠足)なのに...。」やや残念な思いはするものの、「今日はほとんど室内だから。」と気を取り直して出発し、向かったところは、ロンドンはBATTERSEA近くの漱石記念館です。今から約100年前、私たちと同じようにイギリ...

続き>>

今学期も多くの生徒が本校で実施される実用英語技能検定とケンブリッジ英検に挑戦しました。

2011年06月15日 水曜日

今学期も日本英語検定協会の実用英語技能検定試験が準会場である本校で行なわれました。15名の生徒が2級を受験した他、準2級、4級を受験した生徒もいました。また10名の高校3年生がその前日6月11日にロンドンの本会場で準1級試験を受験しました。本校では日本人教員による英語の授業の他にネイティブスピーカー...

続き>>

ウェストミンスター寺院で行われた東日本大震災追悼式のサザーク大聖堂Ipgrave大執事によるお説教を掲載。

2011年06月13日 月曜日

主日礼拝で、高野チャプレンから生徒たちに、先週ロンドンのウェストミンスター寺院で行われ、ご自身も司式者をつとめた東日本大震災追悼式についてのお話がありました。 式の中で、サザーク大聖堂のIpgrave大執事が松尾芭蕉の「奥の細道」から、立派な日本語で俳句を引用し、素晴らしいお説教をなさいま...

続き>>

ミセス・ギンバーの理科のご友人方へ  立教お茶の会

2011年06月12日 日曜日

「私の古い友人たちに日本の茶道を見せてあげられませんか」 4月が始まってまだ日が浅い頃、こんな問い合わせが舞い込みました。 差出人は、数年前まで立教でG.C.S.E.物理の教鞭を執っていらっしゃったミセス・ギンバー。ご自分の学生時代、共にアメリカに留学してサイエンスを学んだ仲間と同窓会を開くことに...

続き>>

ウエストミンスター寺院 東日本大震災追悼式 報告〈本校チャプレン 高野晃一〉

2011年06月09日 木曜日

 ウエストミンスター寺院  東日本大震災追悼式 平成23年(2011年)6月5日(日)午後6時30分-8時、ロンドンのウエストミンスター寺院に約2000人の人々が集まり「東日本大震災追悼式」が行われました。こちらでは4月以来ほとんど雨が降らず、草原も茶色に変わり野菜や果物、麦やトウモロコシなどの生育...

続き>>

高校3年生の最後の試合。熱心に取り組んできた姿勢から伝えられていくもの。

2011年06月07日 火曜日

5月末、高校3年生の引退試合が相次いで行われました。20日(金)は女子バスケットボール部vs教員。21日(土)は男女バレー部がEpsom collegeにてEpsom Cup争奪リーグ戦。22日(日)は卒業生が所属するロンドン社会人サッカーチームとの対戦。翌週には男子バスケットボール部とバドミントン...

続き>>

東日本大震災被災地での医療活動をレポート:アメリカで医師として活躍する卒業生からお便りが届きました。

2011年06月06日 月曜日

立教のHPを拝見させていただきました。相変わらずの恵まれた環境で学生さん達が生活できるのは、うらやましいです。僕が中2のときに入学した時はまだプレハブ時代でしたから、建物など随分と立派になったと感じました。また、写真でお世話になった多くの先生方がまだいらっしゃるのを見て、思わず嬉しくなりました。当時...

続き>>

Reigate & Redhill音楽祭に本校の生徒が11組が参加、6名の生徒がメダルを獲得しました。

2011年06月03日 金曜日

今年もReigate & Redhill音楽祭に本校の生徒が参加しました。ピアノ部門のうち4つのクラスに7組、木管楽器部門の2つのクラスに2組、クラシックギター部門の2つのクラスに2組がそれぞれ参加してきました。本番は本校の球技大会の直後であったため、生徒たちは忙しい時間の合間を見つけて練習...

続き>>

昨年新聞TVで「必勝機長」と話題になったパイロットの1期生中本さんからメッセージが届きました。

2011年05月31日 火曜日

いつも母校から配信される情報を楽しみに見ております。私は一期生の中本と申します。立教英国学院開校時の19名の中の一人です。私は1983年に日本航空に入社し、1997年747-400の機長に昇格し、2011年2月にジャンボがなくなるまでジャンボ機一筋で世界中を飛んでおりました。現在はJALの子会社のJ...

続き>>

ロンドンのウェストミンスター寺院で東日本大震災の為のMemorial Serviceが行なわれます。

2011年05月30日 月曜日

4月の末にイギリス王室のウィリアム王子とキャサリン妃の結婚式がロンドンのウェストミンスター寺院で執り行われたのはまだ記憶に新しいことと思いますが、6月5日の日曜日に、この寺院で東日本大震災の為のMemorial Serviceが行なわれます。本校の教員、生徒や保護者の方も何名か参列する他、本校のチャ...

続き>>

〈雉のヒナ 巣立ち〉自然の持つすばらしさと残酷さを同時に感じた土曜日の朝のドラマ

2011年05月30日 月曜日

3週間の抱卵後、雉のヒナがやっと孵りました。孵化した翌日、新しい世界への巣立ちが始まりました。草原の中の巣と違い、職員室の入口横の花壇の中に作られた巣は、キツネ、アナグマ、イタチ等の外敵からは安全だったものの、まず乗り越えなければならないのは、花壇から1.5メートル下の階段への大ジャンプです。流石に...

続き>>

ケンブリッジ大学サイエンスワークショップに被災地域の高校生を招待

2011年05月29日 日曜日

7月にケンブリッジ大学で行なわれるサイエンスワークショップに東日本大震災被災地域から5校の高等学校の生徒と先生方を招待することになりました。地震の事後処理、原子力発電所での懸命の復旧作業、被災地域での不安な生活の様子等が今もなお報道され続けていますが、困難な生活の中でも次世代を担う高校生に少しでも将...

続き>>

スポーツテスト 心地よい汗を流した 日曜日の午後

2011年05月23日 月曜日

去年より実施されたスポーツテスト。今年も5月15日の日曜日の午後、8種目の測定が行われた。 体育館では、握力、上体起こし、長座体前屈、反復横とび、立ち幅跳び、テニスコートでハンドボール投げ、400m陸上トラックでは、50m走、1500m走(男子)、1000m走(女子)が行われた。 生徒各々、自分の運...

続き>>

一味違ったJapanese Evening

2011年05月16日 月曜日

立教には毎年一学期にJapanese Eveningという行事があります。これはその名の通り、近隣のイギリス人を招き、日本の文化を紹介し、また体験していただきながら交流を深めようというものです。剣道、茶道、書道、などなど生徒たちはそれぞれのセクションに分かれて、学期の初めから当日までプレゼンテー...

続き>>

新入生を迎えこれからの英語力向上が楽しみな小6中1クラスからのご報告。

2011年05月09日 月曜日

4月に9人の新入生を迎え,12人の生徒で小6+中1のクラスがスタートしました。 今回は日本から来たばかりの生徒が多く,どのような雰囲気になるか予想がつきませんでしたが,2週間が経過した現在,新入生ひとりひとりに意識の高さが感じられ,集団としても前向きに日々の生活を送っています。 学習面では,特に英語...

続き>>

高1新入生を迎えて-新入生を「新入生」と呼べなくなる日

2011年05月08日 日曜日

4月17日(日)、入学始業礼拝が執り行われました。高等部1年は、立教英国学院中学部から進学した生徒8名に20名の新入生が加わり、合計28名のクラスとなりました。当然のことながら新入生にとっては初めての寮生活であり、起床時のベッドメイクに始まって就寝まで、全てを自分でしなければなりません。ナイフと...

続き>>

高校3年生が全校をまとめる最後の行事 「球技大会」

2011年05月07日 土曜日

毎年、5月のBankholidayに実施される球技大会。今年はEasterが遅く、更にRoyal Weddingが続いて大型連休となった最終日、5月2日に開催された。 前日の夜、黄色と緑の両チームのメンバーには、高校3年生が作成したチーム色の鉢巻、Tシャツなどが手渡され、否応なしに大会に向けて士気が...

続き>>

イギリス王室 ウィリアム王子&キャサリン妃の世紀のロイヤル・ウェディング! 大画面で見る結婚式の一日@立教

2011年05月06日 金曜日

 4月30日金曜日。英国民の人々が楽しみにしていた、ロイヤル・ウェディングの日です。 花婿のウィリアム王子は、現英国女王エリザベス2世の孫にあたり、チャールズ皇太子と故ダイアナ妃の長男。花嫁はケイト(キャサリン)・ミドルトン嬢。スコットランドのセント・アンドリュース大学の同級生だった二人です。 この...

続き>>

クラブ・委員会紹介が行われました!新高校2年生を中心に新たな立教生活の始まりです。

2011年04月25日 月曜日

土曜日の夕食後、ニューホールでクラブ・委員会紹介が行われました。各部の部長や委員長が活動内容や頻度などを説明。新入生にとっては新たな立教生活の始まりです。 バスケットボール部、サッカー部、バレーボール部、テニス部、バドミントン部、茶道部、剣道部、フラワーアレンジメント部など計16の部活と、生徒会や図...

続き>>

雨にも負けず、風にも負けず・・・鐘を鳴らす立教のタイムキーパー

2011年04月22日 金曜日

チャペルにて、昨年度の当直の表彰と今年度の当直の任命が行われました。立教の当直は、起床や朝の体操、食事などの前に鐘を鳴らして一日の生活を円滑に進める役割を担っています。昨年一年間頑張った高校3年生の当直12名には、表彰とともにとても素敵なミニチュアの鐘が贈られました。なんと、ビッグ・ベンの鐘...

続き>>

入学始業礼拝、校長祝辞「生徒諸君にお願いしたいこと―正の連鎖を断ち切らないで守り続けてほしい。」

2011年04月21日 木曜日

新入生の皆さん、入学おめでとうございます。そして在校生の皆さん、進学おめでとう。はじめに先月の大震災で被害にあわれた方々に心からお見舞いを申し上げたいと思います。あわせて、ここでイギリスの人々から寄せられたあたたかい励ましについて、皆様にお伝えしたいと思います。この1ヶ月の間に、いつも本校の生徒たち...

続き>>

「4月17日快晴、2011年度立教英国学院入学始業礼拝。35名の新入生を迎え新たなるスタート!」

2011年04月20日 水曜日

天候に恵まれた4月17日日曜日、多くの保護者の方にもご参列いただき2011年度入学始業礼拝式が本校チャペルにて執り行われました。35名の新入生を迎え、全校生徒116名での新学年スタートです。   新入生はひとりひとり名前を呼ばれ、校長先生から制服の胸につけるバッジ(スクールエンブレム)を...

続き>>

ブルーベル見学―春の到来と立教英国学院の新学期の始まり   

2011年04月20日 水曜日

お天気に恵まれた本日。学校のはずれにある林の、細々とした小道を奥へ奥へと進んでいくと、そこにはブルーベルの花が一面に広がっています。木漏れ日の光を受けたブルーベルの花の紫のグラデーションと、草木の緑とのコントラストは非常に美しく見事なものです。風がそよぐと、馨る甘い香りとともに、表情を変える紫の...

続き>>

「立教の赤ネクタイには最高学年の重みがある」

2011年04月19日 火曜日

立教の生徒は、基本的には青いネクタイを身に付けています。 しかし、高校3年生だけは違います。彼らのネクタイは「赤」。それは最上級生の証です。 彼らは最高学年として、後輩たちの面倒をみたり、相談にのってあげたり、つねに全校をリードしていく存在です。 下級生は赤ネクタイを身に付けている高校3年生をお手...

続き>>

地元Horshamの町で、東日本大震災被災者の為のチャリティーイベントが行われました。

2011年04月11日 月曜日

  汗ばむほどの陽気、そして雲一つない快晴に恵まれた4月9日(土)、地元Horsham(ホーシャム)の町で、東日本大震災のチャリティーイベントが行われました。英国ではロンドンのほか各地で、在住する日本人達が立ち上がり、震災直後から義援金が集められています。英国人の方々だけでなく、世界でも活動は行われ...

続き>>

立教関係者も参加する、地元の町で開かれる震災チャリティーイベントの記事が地元紙に掲載されました。

2011年04月02日 土曜日

4月9日、地元ホーシャムの町で行われる東日本大震災の為のチャリティーイベントについて、地元紙 West Sussex County Times にその紹介記事が掲載されました。この企画を運営しているのは地元に住む日本人有志の方々、これに立教英国学院の教員、家族も参加しています。1週間後に迫ったイベン...

続き>>

冬の読書感想文、銀賞受賞!「どの世代であっても戦争のことを心の片隅に置いておかなければいけない。」

2011年03月30日 水曜日

3月12日に行われた卒業終業礼拝で、冬期休暇中に全校生徒が書いた読書感想文の表彰がありました。その中から金賞、銀賞の作品を3回に分けてご紹介致します。第3回は銀賞、高等部2年女子生徒の作品です。   *   *   *   *   *   *「太陽の子」を読んで 私の祖父は、戦争中に兵士として戦った...

続き>>

読書感想文で銀賞を受賞した中学2年生の作品!「この本を読んだ後、周囲の景色が少し変わって見えました。」

2011年03月28日 月曜日

3月12日に行われた卒業終業礼拝で、冬期休暇中に全校生徒が書いた読書感想文の表彰がありました。その中から金賞、銀賞の作品を3回に分けてご紹介致します。第2回は銀賞、中学部2年男子生徒の作品です。   *   *   *   *   *   *告白僕は、告白という本を読みました。理由は学校で少し読んだ...

続き>>

地元の町クランレーで、ロータリークラブの方々と立教関係者が協力して大震災の為の募金活動をしました。

2011年03月27日 日曜日

3月26日(土)、地元クランレーの町のロータリークラブ主催で、今回の大震災による被災者のための募金活動が行われました。立教の教員や家族、あわせて30名以上がこの活動に参加。日本の被災の様子を少しでも多くの方々に知ってもらおうと、数日前からディスプレイパネルやチラシ、折り鶴の用意を始めました。当日は大...

続き>>

冬休み読書感想文の金賞受賞者の作文!「日本人の心を充分には伝えられていないような気分になる。」

2011年03月27日 日曜日

3月12日に行われた卒業終業礼拝で、冬期休暇中に全校生徒が書いた読書感想文の表彰がありました。その中から金賞、銀賞の作品を3回に分けてご紹介致します。第1回は金賞、高等部1年男子生徒の作品です。   *   *   *   *   *   *「おじいちゃん 戦争のことを教えて」を読んで 今回の読書感...

続き>>

卒業生スピーチ 第3回「ここで家族のように一緒に生活していた日々を胸に頑張っていきたいと思っています。」

2011年03月25日 金曜日

3月12日に行われた卒業終業礼拝。小学部、中学部、高等部合わせて45名の生徒が卒業しました。それぞれの学校の代表によるスピーチを3回に分けてご紹介します。第3回は高等部3年生。高校3年生は全員日本に帰国するので、この日が文字通り後輩達との最後のお別れでした。そしてその代表は、中学1年生の時から6年間...

続き>>

卒業生スピーチ 第2回 "I want to say a huge thank you to all of the people in this school."

2011年03月24日 木曜日

3月12日に行われた卒業終業礼拝。小学部、中学部、高等部合わせて45名の生徒が卒業しました。それぞれの学校の代表によるスピーチを3回に分けてご紹介します。第2回は中学部3年生。今年は3名の中学部3年生が日本の高校に進学しますが、そのうちの1人、小学生の時から本校にいた生徒による英語のスピーチです。 ...

続き>>

卒業生スピーチ 第1回 "The best thing about Rikkyo is that elder students are kind to me."

2011年03月23日 水曜日

3月12日に行われた卒業終業礼拝。小学部、中学部、高等部合わせて45名の生徒が卒業しました。それぞれの学校の代表によるスピーチを3回に分けてご紹介します。第1回は小学部6年生。英語によるスピーチでした。I went to London from Japan when I was 3rd grade ...

続き>>

日本の皆さんへのメッセージ

2011年03月21日 月曜日

東日本大震災が起こってから10日が経ちますが、この間にも続々と地元の様々な方々から温かい励ましのメッセージが毎日のように学校に届けられています。テレビや新聞で報道される日本の様子を驚愕の念でご覧になりながらも、日本の人々の強さと冷静さに心打たれ、イギリスから励ましの気持ちをお伝えしたいというメッセー...

続き>>

West Sussex County Times紙の記事より

2011年03月19日 土曜日

3月17日付West Sussex County Times紙に、地元Horshamの消防団員4名が日本の被災地で活躍中との記事が掲載されました。これまで大船渡で救助活動にあたっていたこの団員達は、現在釜石に移動して作業を続けているとの事です。この大災害が起きると直ぐに本校にも沢山の励ましのメッセー...

続き>>

イギリスの方々からのMessage

2011年03月18日 金曜日

3月11日に起こった東日本大震災。本校の卒業終業礼拝前日の出来事でしたが、生徒たちは皆無事に帰国しました。英紙インディペンデント・オン・サンデーの1面には日の丸と共に「がんばれ、日本。がんばれ、東北。」とメッセージが掲載され、世界中が日本を応援しています。本校にも近隣の人々から続々と励ましのお便りが...

続き>>

卒業終業礼拝

2011年03月14日 月曜日

3月12日(土)、卒業終業礼拝が行われました。受験のため日本に帰国していた中学3年生、高校3年生が数日前から続々と帰寮、中学部は全員が、高等部は20名が式に参列しました。きれいに晴れ上がった空からは春らしい日差しが注ぎ、卒業式にはぴったりの天気。チャペルに入堂する前に生徒たちが中庭に集まると保護者の...

続き>>

Upcott先生ご引退

2011年03月14日 月曜日

本校で22年間にわたって英会話の授業をされてきたアップコット先生が今学期をもって引退されることになりました。以下、アップコット先生から頂いたメッセージをご紹介します。   *   *   *   *   *'All good things come to an end' and on Saturda...

続き>>

立教のひなまつり

2011年03月03日 木曜日

3月3日はひな祭り。女の子が健やかに育ち、幸せになることを願う行事です。英国に校舎をもつ立教英国学院でも、日本の伝統的な行事を大切にしようと、チャペルに7段15人飾りのひな人形を飾っています。ただし、立教にあるひな人形はちょっと違います。その昔、卒業生から学校へと寄付していただいたものなのです。その...

続き>>

立教女学院と教育連携

2011年02月08日 火曜日

立教女学院との教育連携について立教女学院は東京都杉並区にある130年以上の歴史を持つ私立女子校です。立教学院と同じくウィリアムズ主教によって創立された学校で、本校創立時より深いかかわりを持っています。共に日本聖公会に属し、「キリスト教に基づく人間教育」という建学の理念を共有しています。この度、両校の...

続き>>

香蘭女学校と教育連携

2011年01月31日 月曜日

香蘭女学校との教育連携について香蘭女学校は東京都品川区にある120年以上の歴史を持つ中高一貫の私立女子校です。本校が英国国教会の支援を受けてイギリスの地に設立されたのに比して、香蘭女学校は英国国教会の宣教師によって日本に創立された学校で、共に日本聖公会に属し、「キリスト教に基づく人間教育」という建学...

続き>>

最新情報
最新情報検索
pagetop