立教英国学院

  • 入試・入学書類ダウンロード
  • お問い合わせ
  • 保護者/在校生のページ
HOME最新情報最近の出来事 > 1学期ハーフタームが始まりました。90人以上の生徒達がイギリス人家庭にホームステイをします。

最近の出来事

1学期ハーフタームが始まりました。90人以上の生徒達がイギリス人家庭にホームステイをします。





1学期の折り返し地点にあるハーフターム。学校は1週間の中休みに入り、生徒達は自宅に戻るか、あるいは学校が手配したイギリス人家庭に1週間のホームステイをします。
 
今年はイギリス女王即位60周年にあたり、通年よりハーフタームが1週間遅れました。4月に新しい学年、新しい学校という環境でスタートし、徐々に緊張もほぐれ、新しい仲間と元気に過ごして来た7週間。とは言え、全寮制の規則正しい生活と盛り沢山の学校行事に少々疲れも見えてきた頃でしたので、生徒達にとってはまさに待ちに待ったハーフタームの始まりでした。
 
昼食後、まず海外の自宅に戻る生徒たちを乗せた空港行きのコーチが出た後、今度は続々と地元のイギリス人の方々が車で学校に到着します。ハーフタームの間生徒達を預かって下さるホストファミリーの方々です。今年は全校生徒の約2/3がホームステイをします。各家庭1人から4人に分かれてイギリス人家庭での生活を体験!
 
何度もホームステイをしたことがある余裕たっぷりの高校3年生からイギリス人家庭での初めての生活にワクワクドキドキの小学生まで、90人以上の生徒達が、順番に迎えにくるホストファミリーの車をキャンパスのドライブウェイで待っていました。暖かな午後の光が休暇に入る前のゆったりとした雰囲気を演出し、生徒達の緊張を和らげてくれているようでした。
 
学校のセクレタリーとホームステイ担当の先生から、ステイ先のホストファミリーを紹介されると、まずは握手で挨拶。簡単な自己紹介をした後、車のトランクに荷物を積んでもらいながら照れくさそうに会話を始めます。車に乗り込む頃には少しは緊張も解けた面持で、見送る友達や先生方に車窓から手を振りながら、1台、また1台と車が出発して行きました。
 
この1週間はダイヤモンドジュビリー(女王即位60周年)関係のイベントがイギリス中で行われます。立教の生徒達もきっとホストファミリーの方々に連れられて一生に一度の貴重な体験をしてくることでしょう。
学期後半に向けての鋭気を養い、イギリス体験を思う存分満喫して元気な顔で帰寮するのを楽しみに待っています。
最新情報
最新情報検索
pagetop